【マギ】シンドバッドの正体とラスボス説のネタバレを紹介

sindobadolastboss

シンドバッドの冒険では主人公として活躍し、マギ本編ではアリババの導き手として、存在感の大きいシンドバッド。その正体とラスボス説のネタバレを紹介します!

シンドバッドは臣下に慕われ王の器として相応しいようですが、その正体は黒幕ではないかラスボスっぽいといった考察が飛び交っています。

憶測であればと願っていましたが、マギ本編ではとうとうあのキャラクターの手を取ってしまい?!まだ確定ではありませんが、正体はラスボス説もあながち間違っていないのかもしれません。

では、そんなラスボスとされている内容のネタバレを解説します。これから先はマギ本編アルマトラン編やそれ以降のネタバレも含みますのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

シンドバッドはダビデと繋がっている

シンドバッドの正体がラスボス説のネタバレのひとつが「ダビデとの繋がり」です。

ダビデはアルマトラン編で神イルイラーの力を奪い、神とひとつになることを望みアルマトランを破滅させた人物で、息子ソロモンに倒されイルイラーと共に別次元に封印されています。

シンドバッドはシンドリアを作る前に、自分の国をパルテビアに滅ぼされています。その時に堕転した自国民の黒いルフを自身の体に受け入れたことで、半分堕転していました。

その時から、ある男の声があいまいに聞こえるようになりました。

自分の妄想だと思っていたシンドバッドですが、アラジンからアルマトランの歴史を見せられたときに、長く自分に語りかけてきた声が「ダビデ」だったと確信します。

現在連載中のマギ本編では声がハッキリ理解できて、ダビデの知識を使って世界を現代的に発展させました。

シンドバッドはあくまでもアルサーメンを倒し、戦争や貧困のない世界を作ることが目的で、その為の手段としてダビデを活用している、乗っ取られていないとアリババに語っています。

しかし、そんなことを言いながら「彼女」と手を組む選択をしていました。

アルサーメンの手を取った

「彼女」とはアルサーメンの黒幕である練玉艶、もといアルマトランのマギ・アルバです。

練玉艶(アルバ)は、白龍に倒され消滅したかに思われました。しかし、実際は白龍の姉・白瑛に乗り移っていたのです。

白瑛を演じている練玉艶(アルバ)に、アラジンも白龍も気づいていませんが、シンドバッドは見破っていました。

練玉艶(アルバ)自身はシンドバッドが「イルイラー=ダビデ」と気付き、崇拝しているイルイラーの力になりたいと申し出ます。

全て俺のやり方に従ってもらうとしながら、シンドバッドはアルバの手を取りました。アルサーメンが敵だとしながらも、協力関係となったのです。

これで、シンドバッドの正体がラスボス説のネタバレ2つ目になります。

すべての黒幕がシンドバッドに集まった

シンドバッドの正体は、アリババやアラジン達の敵であるアルサーメンとダビデです。

本人は乗っ取られていないので”正体”とは違うかもしれませんが、”ラスボス”に1番近い人物と言えますね。

今後の予想としては、「シンドバッドがダビデに乗っ取られてラスボス化」または「練玉艶(アルバ)が、裏切ってラスボス化」のどちらかなと考えています。

あと可能性としては、練玉艶(アルバ)のアルマトラン時代のファーランといった仲間がいますから、シンドバッドに従うことに相成れなくってラスボス化もありえるかな?

ただマギ本編でイスナーンが消えて、ファーランはシンドバッドの冒険で登場しているのでそこで消える可能性があります。

まだ登場していない仲間はワヒードですが、そこまで強くない印象だったので可能性は薄いかもしれません。

シンドバッドの冒険では、まだ白い

以上、シンドバッドの正体とラスボス説のネタバレでした!

ちなみに2016年4月現在のシンドバッドの冒険では、平等な世界を目指すシンドバッドが七海の覇王と呼ばれるまでの冒険譚を連載していて、今のところ”白いまま”ですね。

本編より先にブァレフォールの魔装が登場していたので、今後未確認の魔装もシンドバッドの冒険で初登場するかもしれませんね!魔装のネタバレはこちらで更新継続中です!

【マギ】シンドバッドの魔装の種類と呪文やジンのネタバレ
マギ&シンドバッドの冒険のシンドバッドの魔装の種類をまとめてみました!あわせて、呪文とジンの元ネタも調べてみました。 マギは多くのキャ...

アルマトラン編については、こちらで簡易的にですが解説しています。

【マギ】ファーランの正体ネタバレとジャーファル堕転の意味
シンドバッドの冒険の漫画やアニメ5話と6話で、ジャーファルを堕転させたり、ブァレフォールに襲われた魔道士ファーランの正体ネタバレと、堕転の意...

マギ本編でみせる”目的のために手段を選ばない”といった行動はしていません。

大人のシンドバッドは「目的のために自分が望んでいない姿に変わってしまった」と言っていましたが、これから徐々に変わっていく描画があるのでしょうね。

ただ女好きは生まれつきのようで、14歳ですでに女性の扱いが上手ですw

マギ本編はシンドバッドの女好きのせいで迷惑被っている様子が描かれていましたが、シンドバッドの冒険でも、そのせいでアルテミュラ編にてえらい目にあっています。

ここはギャグが多く笑えるところでもあるので、アニメでの再現がとても待ち遠しいですね!

願わくばシンドバッドの正体がラスボスでは無く、アリババとアラジンの手で平和な世界が訪れますように!!!

『【マギ】シンドバッドの正体とラスボス説のネタバレを紹介』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/08/03(水) 15:13:13 ID:ddf6ba1d6

    ワヒードはアルマトラン編の最終決戦時に死亡していますよ