シンドバッドの冒険アニメ8話漫画との違いネタバレ&感想

出典:シンドバッドの冒険アニメ8話

シンドバッドの冒険アニメ7話では、レームに着いた直後から商売に失敗しますが、自分の冒険譚で稼ぐことでラシッド王の協力を得ることになりました。

今回はイムチャックに向かったヒナホホとジャーファル達の話を交えながら、シンドバッドがレームで商会を作るまでのお話です。

では、シンドバッドの冒険アニメ8話の漫画との違いネタバレ&感想です!

スポンサーリンク

シンドバッドの冒険アニメ8話ネタバレ

前回のネタバレ

シンドバッドの冒険アニメ7話漫画との違いネタバレ&感想
シンドバッドの冒険アニメ6話では、ジャーファルを堕転から救い出し、ブァレフォールと契約が完了しました。 今回はイムチャック製の商船でレーム...

アニメ8夜まとめ

・勉強が嫌いなジャーファル。しかし、ルルムから努力が必要な意味を教わる。

突如ルルムが苦しみ、ジャーファルが助産することになった。

・レームではシンドバッドの冒険譚が好評で、コロッセオで公演するまで規模が大きくなった。

・その様子をみていたジャーファル達だったが、キキリクが居なくなっていることに気づく。

コロッセオを探すと剣闘獣に捕まっているキキリクがいた。

・キキリクを助けるために剣闘獣とジャーファル。その際中にバアルの眷属となり、剣闘獣と倒す。

・ラシッド王がバルバットに戻ることになり、シンドバッドは自伝を書いた。それが世界中の愛読書となる。

アニメ8夜ネタバレ詳細

シンドバッドが公演で資金稼ぎをしている間、シンドリア商船ではジャーファルがルルムから教育を受けていた。

しかし、勉強が苦痛で仕方がないジャーファル。

ルルムはその姿をみて、シンドバッドの身を案じて側に居たい気持ちは同じ。

でも新しい生き方を与えてくれたシンドバッドに報いるためにも、あなたは努力しなくていはいけないと伝える。

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

突如、ルルムが苦しみだし何事かと慌てるジャーファル。

ルルムからもうすぐ赤ちゃんが生まれそうだと言われ、青ざめる。

イムチャックは妊娠してか数ヶ月で出産するらしい。いい機会だから助産を学びましょう、あなたの弟を受け止めてくださいね、とほぼ強制されジャーファルは叫ぶ。

場面がかわり、レームの酒場でシンドバッドとラシッド王が話をしている。

ラシッド王が劇場の公演を提案するが、シンドバッドは疑問を持つ。

ラシッド王から商会登録後は、店・倉庫・馬車・宣伝といった資金が必要だと諭され、シンドバットは劇場公演にやる気になる。

再び、船の様子に戻りルルムがキキリクを抱き、ヒナホホがあやしていた。

宿題を終えたジャーファル。ルルムが確認すると全て正解しており、褒められる。

ほっとしたジャファールがヴィッテルとマハドの手伝いに向かおうとするが、食事の準備をするからとキキリクを託される。

0歳児にしてジャーファルと変わらない大きさのキキリク。重みで倒れるジャーファル。

レームの劇場に変わり、シンドバッドが自らの冒険譚を披露していた。

大盛況で劇場は満員、連日外にまで長蛇の列が続いていた。

場面が変わり、ヒナホホ達がレームに戻ってきていた。

ヒナホホとルルムが荷降ろしをし、迎えに来た馬車でジャーファル、キキリク、ヴィッテル、マハドが先にシンドバッドの元に向かう。

向かった先では、シンドバッドが劇場ではなく、より多くの人数を収容できるコロッセオで冒険譚を披露していた。

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

その様子に驚くジャーファルとヴィッテル。その隙にキキリクが2人の元を離れてしまう。

しばらくしてキキリクが居ないことに気づいたジャーファルが、コロッセオを探しまわると、剣闘獣に握られているキキリクを見つける。

暗殺時代の技をつかって戦うが、反撃を食らい倒れこむ。

殺しだけが取り柄だった自分が、こんなたいらくでは生きている意味が無いと思いつめるが、ブァレフォールの迷宮でシンドバッドが言ってくれた言葉を思い出す。

暗殺しか取り柄のなかった自分をシンドバッドが導いてくれた。

今自分がすることは仲間であるキキリクを助けることだと強く思うと、ジャーファルの武器が輝きだし、バアルの雷の力を発揮する。

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

剣闘獣を倒し倒れこむジャーファル。しばらくして目が覚めると、シンドバッドが目の前にいて、キキリクは無事だった。

ジャーファルはジンの力を借りるシンドバッドの眷属となった。

その夜、ジャーファルの傷の手当をしながら、ルルムが感謝とあなたなら主に報いる人間になれると語り、そして、大切な自分の最初の子だとジャーファルの頭を撫でる。

ジャーファルの瞳は潤んでいた。

場面がかわり、レームにシンドリア商会が建つ。

ラシッド王はバルバットに戻るため、シンドバッドと別れることになった。

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

出典:シンドバッドの冒険アニメ6話

冒険譚は本にして出版にすると良いだろうとアドバイスを受ける。

ほどなくして、シンドバッドは自伝を執筆した。商売の宣伝を兼ねてのものだったが、世界中で「シンドバッドの冒険書」として愛読されるのであった。

漫画との違い

コロッセオでの公演

ここはアニメオリジナルですね!

もしかしたら、マスルールとの接点を持つために入れたのかも?!

シンドバッドの冒険書のタイミング

漫画では、ラシッド王が居る間に冒険書を綴っています。

ジャーファルが眷属になるタイミング

漫画ではラシッド王と別れたあとに、ジャーファルが眷属になる話がありました。

1・ラシッド王と別れたあとに、キキリクの子守で森に散歩へでかけたジャーファル。

2・キキリクに地図と羅針盤を壊され森で迷子に。我儘に呆れてその場に置いて離れる。

3・泣き声に後悔して戻ると、逃げ出した剣闘獣に捕まっているキキリク。

4・剣闘獣と戦闘になり、眷属器が発動し倒す。

ルルムの想いに不満!

アニメのジャーファルに対する言葉がカットされすぎて不満!

ルルムの言葉全文

子供が出来たことを知らされるジャーファル。

ジャーファル「血がつながっているガキなら、こんなに厳しくしないで可愛がってやれよな。

俺のようなクズと同じような扱いは可哀想だろ。

だって、そいつは俺とは違うんだから」

げんこつを受けて叫ぶジャーファル。

ルルム「私があなたに厳しいのは、あなたが嫌いだから?

血が繋がっていないから?そんなこと私は今まで一度だって考えたこともありません。

・・・だって、あなたは私の大事な最初の子供ですから。

一緒にいる時間は、まだまだ少ないのかもしれない。

けれど、自分の子供だと思っているから厳しくしている。

他人の子ではこうはいかない。

私はあなたを愛している。それが全てです」

出典:シンドバッドの冒険5巻

出典:シンドバッドの冒険5巻

私はあなたを愛している(涙)あぁ~~ここ泣けるんだよ~~!!なんでアニメでカットするんだよ~~~!!

ちなみに、ヒナホホの赤ちゃん言葉はアニメオリジナルです。ウケたw

眷属に目覚めるの自分で言ってる

眷属が目覚める時って、ジンが話しかけて本人が力を求めて成り立つはずなんだけど、自分で言っちゃってるよね。

漫画では「力を求めよ我は眷属」だけど、アニメでは「我”が”眷属」になってる。

ドラコーン出ず

漫画で次の話は、パルテビアに向かったドラコーンの話ですが、飛ばしてササン!

ドラコーンの話は一切カット?

結構重要なんだけど・・・・。

シンドバッドの冒険アニメ感想

ラシッド王が居なければ、シンドバッドは商人になれなかったかもしれない。

マギ本編ではどんな人物かわからなかったけれど、現在のシンドバッドが存在するのは、ラシッド王の功績がかなり大きいですね!!

しかし、ルルムの言葉カットは許さんぞ~!ここカットしちゃいけないセリフでしょうが!

次回はササン編。ミストラス登場~楽しみ♪

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

■ブログの更新情報を受け取れます。