【シンドバッドの冒険】79夜ネタバレ&感想「反逆者」

出典:シンドバッドの冒険9巻
出典:シンドバッドの冒険9巻

シンドバッドの冒険78夜では、シンドバッドが解放されジャーファルの元へ。そしてマスルールが反乱を開始しました。

マーデル達はどうなるのか?!

では、シンドバッドの冒険79夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

シンドバッドの冒険79夜ネタバレ

前回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】78夜ネタバレ&感想「反乱の狼煙」
シンドバッドの冒険77夜では、契約書通りの請求をされたマーデル。その頃奴隷たちはマーデルへの不信感を強めていました。 そして、ついにジ...

79夜まとめ

洗脳を解かれた子供たちがマーデルとキール襲う。

どうにかその場を逃げた先で、シンドバッドと対峙するマーデル。ここで死ぬか逃げるかの選択をつきつられる。

79夜ネタバレ詳細

キール「マーデル様!奴隷たちが武装して暴れています!闘技場では剣闘奴隷が!

この本部では内勤していた高級奴隷たちが一斉に・・全員手がつけられません!」

兵士が子供を剣で突こうとする。

マーデル「子供は商品よ!傷をつけたら売れなくな・・」

その声も虚しく、兵士と子供たちは殺しあう。

子供「マーデル。よくも私たちを奴隷にしてくれたわね・・」

子供「許さない。お前なんて母さんじゃない」

マーデル「やめなさい坊やたち・・!みんな良い子にしなさい」

子供「うるさい!僕たちは自由になる。誰かに縛られる人生は間違いだって、シンドバッドに、教えてもらったんだから!!」

ナイフをもった子供たちがマーデルとキールを襲う。

闘技場と本部から煙が上がっている。

ジャーファル「向こうで何が起きてるんだ!」

シンドバッド「俺が奴隷たちをそうするように仕向けたんだ・・奴隷の反乱だよ。

俺はマーデルの洗脳を解くためにあることをした。「絶望」だよ。自分たちが奴隷だという現実を・・改めて突きつけたんだ」

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

マーデルを憎むように言葉巧みに誘導し、シンドバッドの合図でいつでも反乱が起きるように仕組んでいた。

ジャーファル「・・つまり、彼らを逆に洗脳し、自分の駒にしたと・・マーデルがしたのと同じことをしたんですね・・ならばあなたは知っているはずです。

レームにおいて奴隷反乱は許されざる行為。反逆者の末路は「死罪」です」

シンドバッド「わかっているさ、すべて。だから最後は俺の手で決着をつける。すべての責任は俺が取る。金属器。持ってきてるんだろ、ジャーファル」

金属器を身につけたシンドバッドは、飛んでいく。

子供「マーデルはどこだ!?追えー!」

マーデルとキールは傷を負い、フラフラになりながらも、必死で逃げる。

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

キール「今ならまだ・・港に、船が・・」

キールが力尽き、倒れる。

マーデルは最後の使える奴隷まで死なせるわけにいかないと、必死に呼びかける。

シンドバッド「もう手遅れです」

魔装をしたシンドバッドが、上空から降りてくる。

マーデル「お前・・よくも私の前に現れたな!!この裏切り者!」

シンドバッド「裏切るも何も・・すでに私はあなたの所有物ではない。お忘れですか?」

マーデル「黙れ!お前が私の子供たちを扇動して反乱を起こさせたのは知ってるんだ!」

シンドバッド「扇動?私はあなたのやり方をそのまま実践しただけですよ。

簡単でしたよ。・・彼らはもう私の言うことしか聞きませんよ?その効果のほどは、あなたが一番よく知っているはずですが・・ではマーデル様。最期の商談と行きましょうか。

ここで死ぬか、全てを差し出して惨めに逃げるか。選べ」

シンドバッドの冒険79夜感想

黒い反乱を起こしたシンドバッド。ある意味この出来事がきっかけで、目的のためなら手段を選ばない黒いシンドバッドに仕上がっていったのかも。

さて、マーデルの選択は・・・?って、もう選択肢じゃなくって脅しなんですけどね・・。

次のネタバレ

【シンドバッドの冒険】80夜ネタバレ&感想「汚れた手」
シンドバッドの冒険79夜では、洗脳を解かれた子供たちが逃げたさきで、シンドバッドと対峙するマーデル。 今回もさらにさらにマーデルが追い...

あなたの感想や考察を教えてください

シンドバッドの冒険79夜はいかがでしたか?

あなたの感想や考察を、ぜひぜひ教えてくださいね!