【シンドバッドの冒険】76夜ネタバレ&感想「契約書が全て!!」

出典:シンドバッドの冒険9巻
出典:シンドバッドの冒険9巻

シンドバッドの冒険75夜では、ルルムとマーデルが奴隷を用意する契約を結びました。

今回はついにバルバットが奴隷制を始める発表をするとか・・・?!

では、シンドバッドの冒険76夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

シンドバッドの冒険76夜ネタバレ

前回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】75夜ネタバレ&感想「反撃開始」
シンドバッドの冒険74夜で、バルバットが奴隷制をはじめる話を信じきったマーデルが商談の話を承諾しましたね。 今回はその実際の契約と、シ...

76夜まとめ

レマーノ主要会議の議事録を伝える民会にて、バルバットの奴隷制の発表がなかったことに憤慨するマーデル。

騙したとルルムとジャーファルに文句を言うが、契約は契約だと突き返えされる。

76夜ネタバレ詳細

マーデルが屋敷に帰ってきて、シンドバッドを探す。

マーデル「これから忙しくなるわ。各地の奴隷商人から奴隷を集めさせる。

今いる奴隷も出荷は控えておくように。管理は任せるわ。これから楽しくなるわよ。ウフフ・・」

シンドバッド「えぇ・・任せてください」

そんな様子を、奴隷の子供たちが柱の陰から見ている。

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

レマーノ大講堂にて。

レマーノ主要会議の議事録を伝える民会が行われており、マーデルはバルバッドの奴隷制が発表されるその時を待つ。

議長「・・以上です。民会は閉会となります」

マーデルの体が震えている。

マーデル「お待ちください!!何か・・何かご報告が残っているのではなくて?特にバルバッド王国は・・」

議長「?いえ、議事録は全部ですよ」

マーデル「嘘よ!そんなわけない!!決まっているのは知っているんだから!!

バルバッドが奴隷制を始めるという決定を、何故言わないの!?そうですわね!?バルバッド国王よ」

ラシッド王「なんのことかな?わしはそんな話は知らないがね。大帝国のレームならまだしも、わが国で奴隷制を入れるなどとてもとても・・」

マーデル「そんな・・だってあの時あなたは・・」

ラシッド王「失礼ですがご婦人よ、私はあなたと面識はない。あなたと言葉を交わしたこともないのに、どうしてそんな話になるのでしょう?

何か勘違いをされているのでは?バルバッドはそんな決定出しておりませんよ」

議長「これにて閉会!」

マーデルは祝賀会の日を思い出し、確かにラシッド王は一切何も発言をしていなかったことを思い出した。

そして、マーデルは騙されたことに気づく。

マーデル「騙したのねシンドリア商会!説明しなさいよ!!バルバッドが奴隷制を敷くなんて嘘じゃない!!

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

こっちはバルバッドに向けて、出荷の準備をしていたのよ!全部無駄になったわ!」

マーデルはシンドリア商会へ怒鳴り込みに来た。

ジャーファル「そう言われても我々も困ります。私どももそう聞いてただけですし、計画が白紙になってしまったんですかね?いや〜残念ですよ。

あぁ、ですがご要望のものは・・我々もすでに手配を始めてます。

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

マリアデル商会宛の奴隷千人。

手配の莫大な金額、すべて本日中の支払いでしたね。彼の国が奴隷制を入れようが入れまいが、これは契約ですから。

商人にとって契約がすべて、でしたよね?マーデル様」

シンドバッドの冒険76夜感想

うえぇーーいwww マーデルざまぁww

自分がやったことを仕返しされただけですからねー契約こそすべてなんですからね!

さぁここから、マリアデル商会の崩壊がはじまります。

シンドバッド達の動きのも注目です!

次回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】77夜ネタバレ&感想「水面下で動く不穏」
シンドバッドの冒険76夜では、マーデルをまんまと騙し契約書どおりの金額を請求しました! まだまだマーデルを追い詰めるジャーファルw ...

あなたの感想や考察を教えてください

シンドバッドの冒険76夜はいかがでしたか?

あなたの感想や考察を、ぜひぜひ教えてくださいね!