【シンドバッドの冒険】71夜ネタバレ&感想「奴隷長シンドバッド」

出典:シンドバッドの冒険9巻

シンドバッドの冒険70夜では、ジャーファルがラシッド王からのヒントで打開策をみつけ、シンドバッドがついにマーデルの子供へ堕ちてしまったところでした。

71夜では、シンドバッドの才覚がここでも発揮!

では、シンドバッドの冒険71夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

シンドバッドの冒険71夜ネタバレ

前回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】70夜ネタバレ&感想「一筋の希望」
シンドバッドの冒険69夜では、ジャーファルがラシッド王からシンドバッド奪還のヒントをもらい、シンドバッドは奴隷長になったところでした。 ...

71夜まとめ

奴隷長となったシンドバッドは、奴隷達に生き残るすべを話しておとなしくさせる。

それを見ていたマーデルがシンドバッドを褒めて、ファティマーを邪険に扱う。ファティマーはシンドバッドを妬み始める。

ある日、奴隷のオリのカギがかえられ、奴隷たちが逃げ出していた。シンドバッドがやったというファティマー。自分でカギをあけたが、疑いが掛けられるはシンドバッドだとにやりと笑う。

71夜ネタバレ詳細

マーデルの屋敷地下にて、今日届いた奴隷の子供たちが大声で泣いている。

それをファティマーが鞭で叩こうとするが、シンドバッドがそれを止め、子供達に話し始める。

シンドバッド「君たちはもう「奴隷」なんだ。だからこそ君たちは・・静かでおとなしい、「良い子」でいるべきなんだ。

良い子でいれば鞭で叩かれることもない。これ以上・・痛いのは嫌だろ?」

子供達は大人しく従うようになった。

ファティマー「あんな「出荷用」の奴隷に・・鞭で叩けばすぐじゃないか」

シンドバッド「いや、傷がつけばそれだけ商品の価値が下がる。

マーデルさまの商品を俺たちが勝手な判断で傷つけていいわけがない。

それに自分で考え行動できる奴隷の方が価値も上がるし、管理の効率もいいはずだ」

反論しようとしたファティマーだが、その時後ろからパチパチと拍手する音が聞こえる。

マーデル「素晴らしいわぁ。よくそこまで考えましたね、シンドバッド。やはりあなたに任せて正解だったわ」

マーデルはファティマーを無視するように横を通り過ぎ、シンドバットの手を取る。

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

マーデル「これからも私のために頑張ってね、シンドバッド。

・・あら、ファティマー。そんなところにいたの?全然気がつかなかったわ」

また来るわとシンドバッドに言い、マーデルは去る。

ファティマーは、マーデル様に1番信頼されているのは俺だ、とシンドバッドを憎み始める。

シンドバッドが屋敷内を歩いていると、血だらけのマスルールに出会う。

心配するが全て返り血だった。

シンドバッド「・・こんな血まみれになる程毎日どちらかが死ぬまで戦わされ、命のやり取りを見世物にされて・・本当は嫌なんじゃないのか?」

マスルールは少し考えた後に、コクっと頷く。

シンドバッド「・・そうか。ならマーデル様にお願いしよう。剣闘士をやめたいって」

それを聞くと、マスルールはシンドバッドから離れるようにして歩いて行ってしまう。

マスルール「俺は・・ファナリス。与えられた仕事はする。命令には従う。

でも・・誇りは捨てない。俺は・・誇り高いファナリスだから!」

シンドバッドは、そう言うマスルールのギンっ!と力強い目を見て、なんだか胸がズキズキし出す。

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

マーデル「フフフ・・シンドバッドは私の「子供」になったわね」

奴隷の子供たちと入浴をしながら、そうマーデルが言う。

出典:シンドバッドの冒険9巻

出典:シンドバッドの冒険9巻

キール「マーデル様の「子供」になることは僕たちの幸福です。彼もようやくそれに気づいたのでしょうね」

マーデルは、「物」として消費される奴隷を「母性愛」を利用することによりその価値を変えた業界の革命児だった。

「母性愛」を与えられた奴隷たちは自分で考え行動し、マーデルのためによく働いた。

そんなマーデルの奴隷たちには注文が殺到し、価値がどんどん上がっていった。

マーデルは今、シンドバッドを手に入れ、マーデルのためだけにその力をすべてふるうことになれば、どれだけマリアデル商会が成長するのか、と楽しみにしているのだった。

入浴中に突然部下が入ってくる。

部下「し、失礼します。マーデル様!「出荷用」の奴隷が・・すべて逃げ出しました!」

マーデルは地下に行き、すべての牢屋がもぬけの殻なのを目の当たりにする。

ファティマー「マーデル様大変です!信じられない・・シンドバッドです!

あいつがここの奴隷をすべて逃してしまったんですよ!!」

奴隷長しかカギをもっていないが、疑われるのはシンドバッドだけ。

ファティマーは、これでシンドバッドが責められ消えると、こっそりニヤリとする。

シンドバッドの冒険71夜感想

シンドバッドって、なにやらせても人を動かし最大限の結果を残すんでしょうね。

いいなぁーその才能w

マーデルの子供に堕ちたシンドバッドでしたが、マスルールのファナリスとしての誇りをみせられて、心が動きだしていますね。

ファティマーの扱い、かわいそw

そして、しでかしちゃったファティマー、嫉妬はこわいねぇ!

次回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】72夜ネタバレ&感想「ファティマー召し抱えられる」
シンドバッドの冒険71夜では、奴隷長の仕事を与えられたシンドバッドに嫉妬したファティマーが、奴隷を逃しそれをシンドバッドのせいにしました。 ...

あなたの感想考察をおしえてください

シンドバッドの冒険71夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や考察をおしえてくださいね^^

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。