【シンドバッドの冒険】67夜ネタバレ&感想「代理当主ルルム」

出典:シンドバッドの冒険8巻
出典:シンドバッドの冒険8巻

シンドバッドの冒険66夜では、マーデルによるシンドバッドの折檻が衝撃的でしたね。

あのシンドバッドの心を折ってしまうとは・・・・。そして、今回はシンドリア紹介に戻ったジャーファル達の様子になります。

ではシンドバッドの冒険67夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

シンドバッドの冒険67夜ネタバレ

前回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】66夜ネタバレ&感想「シンドバッドの折檻」
シンドバッドの冒険65夜で、シンドバッドはマスルールに敗れマーデルの奴隷になりました。 どうにかマーデルに気に入られようとするシンドバ...

67夜まとめ

シンドリア商会に戻ってきたジャーファル。

ルルムが産休から戻ってきており、ラシッド王に助言をいただく提案をもらう。

ジャーファルはレマーノに向かい、ルルムが代理当主となる。

ドラコーン達にも協力を願うと、セレンディーネが反対する。ルルムはセレンディーネを叱り、ドラゴーン達と改向かい合う。

67夜ネタバレ詳細

ヒナホホ「シンドバッドが奴隷になった!?」

ジャーファルがシンドバッド商会に戻ってきた。

そして、シンドバッドが負け、契約通りマリアデル商会の奴隷になったと伝える。

それを聞き、皆がざわつき始める。

ジャーファル「私が連れ戻します。どんな手を使っても、シンを奴隷から解放してみせます。」

何も策はないが、とにかく何かしなければとジャーファルは焦る。

ルルム「ジャーファル。参謀は、いついかなる時でも冷静であれと教えたはずですよ」

産休から戻ってきていたルルム。

ルルム「あなたが焦っては、周りの者たちも平常ではいられなくなる。

そんなことでは主たるシンドバッド様の右腕は務まりませんよ。この意味、わかりますね。」

ジャーファル「・・はい。」

出産を終え現れたルルムの後ろから、本当に更生したんだという声が聞こえる。

ジャーファル「ピ、ピピリカ!?どうしてここに・・!?」

子守のためについてきたという。そして兄に報告する。

ピピリカ「兄ぃ、ううん・・お父さん!元気な双子の女の子だよ!」

ヒナホホが双子の女の子とルルムを、抱きしめる。

rurumu

ルルム「状況はわかりました。商会の負債のために当主が奴隷に・・大変な事態ですね。

ヴィッテルも顔をあげなさい。過ぎたことを責めても仕方ありません。留守にした私も責任があります。

シンドバッド様の救出に全力を尽くしましょう。そのために、皆で力を合わせるのです。」

ルルムはジャーファルに、シンドバッドの最後の状況を聞き出し、今後の作戦を立てる。

そして、バルバッド国のラシッド王に、商人としてどう戦えばいいか教えてもらおうと提案する。

ジャーファル「ならば、急いでバルバッドに!」

ルルム「お待ちなさい。何度も言っているでしょう。焦ってはいけません。

各国の王が一堂に会す主要会議が、この時期になると開かれます。

その場所は、世界の中心地とされるレーム帝国「首都レマーノ」

紹介状です。王に失礼のないようにね・・」

ジャーファル「行ってきます!」

出典:シンドバッドの冒険8巻

出典:シンドバッドの冒険8巻

ルルム「主任ルルムが今より当主代理を引き受けます。これからさらに忙しくなりますよ!」

皆はルルムの声に、その士気を高める。

そしてルルムは、セレンディーネとドラコーンにも手を貸して欲しいと頼む。

ドラコーン「わ、私でよければ・・」

セレンディーネ「ふざけるな!なぜシンドバッドの商会で働かなくてはならない・・」

セレンディーネは、まだシンドバッドを認めてはいないようだ。

ルルム「セレンディーネさん。」

セレンディーネ「なんだ・・!!」

パチン。

ルルムがそのほっぺを叩く。

ルルム「私もイムチャック首長の娘・・立場は違えど、同じ姫という役目を私も負っています。

誰があなたを守り、今日まで支えてくれたのか・・周りの人たちのことを考えるべきではなくて?」

セレンディーネ「・・そ・・そんなこと・・私だってわかってる。

でも・・言えなかった・・今更どんな顔をしていいのか、わからなかった・・ゴメンなさい」

出典:シンドバッドの冒険8巻

出典:シンドバッドの冒険8巻

セレンディーネを抱きしめるルルム。

ルルム「わからないなら知っていけばいいのです・・。

大丈夫、私が受け止めてあげます。だって私は・・ここにいる皆の母です。

さぁ・・今までの非礼を、あなたの大切な人たちにお詫びしましょう・・」

ドラコーンは、セレンディーネが変わっていく変化を確かに感じ取っていた。

シンドバッドの冒険67夜感想

ルルム、まさに聖母や・・・愛が深すぎる~~~!!

シンドリア商会っていい上司がばかり。シンドバッドもルルムも、ヴィッテルのミスを責めないですねぇ!!

そして、セレンディーネの涙と本音・・・少しづつ変化をみせる彼女が好きです!

次回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】68夜ネタバレ&感想「奴隷長ファティマー」
シンドバッドの冒険69夜では、産休あけのルルムがシンドリア商会の代理当主として、ジャーファル達にアドバイスをしました。 セレンディーネ...