【シンドバッドの冒険】110夜ネタバレ&感想「アールマカンの選択」

マギ シンドバッドの冒険
出典:裏サンデー

シンドバッドの冒険109夜では、話し合いが決裂した先王派と現王派の間に、シンドバッドが割って入り、レームに対抗する力として七海連合が助力すると持ちかけましたね。

パトラに信じられないと言われ、バアルの力を見せるシンドバッド。

さて、話し合いはうまく解決できるのでしょうか?

では、シンドバッドの冒険110夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

シンドバッドの冒険110夜ネタバレ

前回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】109夜ネタバレ&感想「七海連合に入らないか?」
シンドバッドの冒険108夜では、話し合いがこじれたところで、シンドバッドが自分が解決しましょうと割って入ってきたところでした。 シンド...

110夜まとめ

・バアルとヴァレフォールの力を見て慄くパトラ達。

脅威はもはやレーム帝国だけではない、金属器を持つ国は増えており、同盟国の主も金属器使いである。

・複数迷宮攻略者はシンドバッドだけである。そして、世界の均衡を保つ七海連合の盟主だと決断を迫る。

・アールマカンは自分だけの世界狭いで生きていた未熟さを知り、同盟国になると返答する。

パトラはシンドバッドの力に震え上がり、それを認めた。

・パトラたちは連行され、王を誰にするか口を挟むものはいなくなった。

アールマカンがシャルルカンに王について話かけるが・・・。

110夜ネタバレ詳細

パトラ「これが金属器の力・・・」

バアルの力により、地面が真っ二つに分かれている様を見て驚愕するパトラ達。

シンドバッドは、さらにヴァレフォールの力で砂漠を凍らせ、自分が侵略者なら今のでエリオハプトは終わりだ。

同盟国のササンやアルテミュラも金属器を持ち、他の国にも増えている。

脅威はレーム帝国だけではないと忠告する。

ジャーファル「我が主は世界で唯一と言われている複数迷宮攻略者。

これだけの力を有している者は他におりません。

そして共に迷宮を攻略した我々の仲間。パルテビア帝国皇女セレンディーネもまた金属器使いです」

アールマカン「かのパルテビア帝国の皇女が・・・?!」

シンドバッドが我々は世界の均衡を守りたい。大きすぎるこの力で混乱が生まれないように我々が抑止力となると語る。

シンドバッド「私はシンドバッド。

シンドリア商会の当主であり、七海連合の盟主。ご決断の程を・・・・」

沈黙するナルメスとアールマカン。

アールマカン「私が甘かった。この男の展望は我々の想像を超えたものだ。

我々がいかに自国に留まり、狭い世界で生きていたかよく分かった。

悔しいな・・・。こんな形で自分の未熟さを知ることになるとはな。

シンドバッド率いる七海連合、エリオハプトはお前たちと同盟を結ぼう。

その力、この国に貸して欲しい」

笑みを浮かべるシンドバッドとジャーファル。

パトラの部下が慌ててパトラに声をかける。

パトラ「無理よ。彼らは本物よ・・・。あんな力、敵うわけがない。

レームを敵にするか、彼らを敵にするかそんなの・・・」

震えるパトラ。

パトラ「あんなもの・・・認めるしかないじゃない・・」

交易証明書を交わすシンドバッドとアールマカン。

パトラ達は拘束され連行された。

アールマカンは、この国の問題を解決してくれたシンドバッドに感謝をする。

シンドバッド「先王派の首謀者は消えた。

では、必然的に国王はアールマカン様で・・・・?」

アールマカン「ああ。だが先王の遺言がある。

私と弟で王を決めなくてはいけない。幸いにも口出しする輩はいなくなったしな。

・・・お前はどうする?シャルルカン」

不安げな顔でうつむくシャルルカン。それを見つめているシンドバッド。

シンドバッドの冒険110夜感想

話し合いっていうか、協力っていうか、ササンの時と同じく脅しだよね!

圧力もまぁ交渉術ではありますが・・・。

シンドバッドの志に同調しているのって、イムチャックだけじゃない??

ほかはシンドバッドの強大な力を敵に回したくありません!!って状態ですよね。

これって同盟か??ううーーーん。

と、いいつつ七海連合の存在自体は、なんかEUっぽい。

政治のことはよくわからないけど、戦争を避けるために、お互いの国益のために作ったのが「欧州連合」(参考:http://www.euinjapan.jp/union/what-is-history/)

欧州連合(EU)は、独特な経済的および政治的協力関係を持つ民主主義国家の集まりである。EU加盟国はみな主権国家であるが、その主権の一部を他の機構に譲るという、世界で他に類を見ない仕組みに基づく共同体を作っている。現在28カ国が加盟している。

今回EUから独立したイギリスは、ある意味「倭健彦の鬼倭国」かな(笑)

次回、ついにシャルルカンが仲間になるか?!

シンドバッドが国を作るまで、まだまだ時間が掛かりそうだから、幼少期のシャルルカンをしばらく見れていそうだな♪

徐々にシンドバッドの影響を受けてチャラくなるんですねーそこも描かれるのかな。楽しみだなーw

次回のネタバレ

【シンドバッドの冒険】111夜ネタバレ&感想「人質のシャルルカン」
シンドバッドの冒険110夜では、シンドバッドの力を知った正王妃パトラが屈し、必然的にアールマカンが王になりました。 シャルルカンの意思...