【マギ シンドバッドの冒険】106夜ネタバレ&感想「ゼパルの迷宮から帰還」

マギ シンドバッドの冒険
出典:裏サンデー

シンドバッドの冒険105夜では、迷宮から地上へ移動中の様子が描かれていましたね。

セレンディーネがドラコーンに過去の暴言を謝り、そして主君がシンドバッドへ変わったドラコーンは、セレンディーネをセレン殿とよび、主従関係から戦友同士になったのでした。

今回は迷宮から地上に戻り、アールマカンと共に墓に入るところです。

では、マギ シンドバッドの冒険106夜ネタバレ&感想です!

スポンサーリンク

マギ シンドバッドの冒険106夜ネタバレ

前回までのネタバレ

【マギ シンドバッドの冒険】第105夜ネタバレ&感想「姫とナイトから戦友へ」
前回シンドバッドの冒険104夜では、セレンディーネの説得にシンドバッドの心が折れて、ゼパルはセレンと契約することになりました。 まさかのシ...

106夜まとめ

・ゼパルのダンジョンの前でアールマカンと正王妃パトラがシンドバッドを待っている。

・ダンジョンがくずれシンドバッド達がアールマカンの前に現れた。

・地上への転送中にミストラスが今後どうするのかとジャーファルに尋ねるが、シンドバッドはこのまま暗黒大陸に向かうと話す。

・遺言を確かめるために、いざ王の墓へ。

106夜ネタバレ詳細

ゼパルの迷宮の前に集まるアールマカンと臣下達。

シンドバッドが迷宮に入ってから1時間が経過。シンドバッドを行かせてよかったのかと、ナルメスが不安をこぼす。

アールマカンは、エリオハプトを二分にするこの争いを早く終わらせなけれならない。遺言がシャルルカンになっていれば、すぐに王位を譲ると語る。

くだらない派閥争いを終わらせ、閉じた国として衰退していくこの国を建て直し、世界に通用する国にする。

アールマカン「それが、何百年と続くエリオハプト王家の役目。この国の未来を守り、切り開くことが私の王たる努め。

何人たりとも邪魔はさせない」

ナルメス「我が王の御心のままに・・・」

場所が変わり、先王派の正王妃パトラがダンジョンを見つめている。

先王がシャルルカンを次期国王に指定したことを先に知っていれば、まわりくどいことをせず、迷宮を消して王家の墓に入っていたと愚痴をこぼすパトラ。

迷宮のおかげで、アールマカン殿下の正当性が曖昧になり、先王派・現王派の対立で呪いの噂まで流すことができた、ダンジョンの出現は都合がよかったと臣下が笑う。

表情を曇らせるシャルルカン。

パトラ(私達は先王から引き継いだ政策を、やるぶるわけにはいかないのよ。

ひいてはそれが、この国のやり方・・・この小国が生き残る術なのだから・・・。

それが何百年と続くエリオハプト王家の役目。この国の未来を守り、存続させる私達の努めなのよ)

ダンジョンが崩れ砂の中に姿を消すと、アールマカンの前にシンドバッド達が現れた。

シンドバッド「お待たせしました、陛下。お約束どおり迷宮を攻略し、元の場所へと戻してみせました。

あとのことはエリオハプト王家の皆様の手に・・・・」

アールマカン(シンドバッド・・・君は・・・・)

ナルメスと話すシンドバッドをジャーファルは見つめ、迷宮から転送中のことを思いだしていた。

地上に戻る準備をしていたジャーファルに話しかけるミストラス。

ミストラス「この後、どうするんですか?」

なりゆきで迷宮を攻略したが、ここを出ればエリオハプトに戻る。そもそも暗黒大陸を目指していたが、セレンディーネさんのいう通り国土に向かない。

ミストラス「なら、国土を探すこの旅はどうなるのかなって・・・?」

シンドバッド「何を言っているんだ、暗黒大陸に行くぞ」

国土としての望みは薄いかもしれないが、暗黒大陸はマスルールの故郷だから、行くのに十分な理由がある。この目で見ないまま帰るくらいなら、こんなところまで来ないさと返答する。

シンドバッド「俺はもう立ち止まらない。それは俺の夢も同じだよ」

いざ、王家の墓に・・・・!!

マギ シンドバッドの冒険106話 感想&考察

アールマカンと正王妃パトラ、どちらも国を事を考えているけれど、その方向性が違う対比ですね。

まぁ、そんな建前があっても呪いと謳って毒殺しちゃうのはレッドカードですが!

その毒殺事件に巻き込まれたのが、マギ本編マグノシュタット編に出てきたスフィントスのカーメン一家ですが、この後出てくるかな?!

シンドバッドは王を諦めてないな

最後の一言、ぜんっぜん王を諦めてないですね。じゃぁ、なんで天秤が下がったんだろう。

しかも、しれっと暗黒大陸に行くといって、結婚のことを先延ばしですよw

次辺りにセレンディーネからツッコミ入るかな?

もうすぐマスルール回

マギ本編で回想していた、マスルールの暗黒大陸に行った経験の話が、この後ありそうですね!

回想の中のマスルールはもうちょっと大人っていうか、13歳くらいに見えるのですけど。

出典:マギ12巻

出典:マギ12巻

このあと暗黒大陸に行くまで、結構月日が立つのでしょうかね??それとも単に絵柄の違いで、シンドバッドの冒険のマスルールが幼くみえるだけかな。

ネタバレ&感想まとめ

以上、マギ シンドバッドの冒険106話ネタバレ&感想でした!

次はついに、シャルルカンが仲間になるかな?!次の次あたりかな?!

楽しみ~特にマスルールとの絡みがw

いつから先輩って呼ばせるようになるんだろう??

そして次の仲間はきっとヤムライハ!!たーのーしーみー!幼少時代のシャルヤム見たい(生唾)

モガメットも出るだろうし、もしかしたら幼少期のマイヤーズやドロンたちも出るかも?!

次回のネタバレ

【マギ シンドバッドの冒険】107夜ネタバレ&感想「先王よ、仕事しろw」
シンドバッドの冒険106夜では、ゼパルの迷宮から地上に戻り、シンドバッドは暗黒大陸に向かうとジャーファル達に伝えていました。 そしてエリオ...