【ポケモンGO】卵の捨て方はあるの?孵化装置の使い方とコツ

出典:ポケモンGO公式サイト

ポケモンGOで遊んでいると、自然に増えていく卵!

最大9個まで入手できますが、ふ化装置が必要だし常に稼働しているのは3つくらいですよね。

あまっている卵を捨てる方法はあるのでしょうか?

では、ポケモンGOの卵の捨て方と孵化装置の使い方とコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

たまごは捨てられません!

残念ながら現状では卵を捨てる方法がありません。

でも最大9個まで埋まっていると、新しいたまごを入手することができないので、どんどんふ化させなくてはいけません。

正直捨て方がないのに、どんどんたまごを入手できる仕様はいかがなものかと思います^^;

卵の孵化装置の使い方

卵を捨てる方法がありませんので、どんどんふ化させましょう!卵をタップして、「ムゲンふかそうち」を選択します。

最初から持っている「ムゲンふかそうち」は壊れずに無限に使用することができます。

あとはショップでも購入できますが、そちらは3回使用すると壊れてしまいます。

卵を孵すために歩こう!

卵は歩いた距離によって孵化します。

2km、5km 、10kmがあり、距離の長いたまごほどレアなポケモンが産まれる可能性があります。

ただし!10kmの卵からは、5km2kmのポケモンが産まれることもあります。

せっかく産まれたとおもったら、普通のポケモンだったということもありえます。

効率よく孵化させるなら

2kmの卵からどんどん孵化させましょう!

卵孵化のスピードを早めて、スペースの空きを常に作っていきます。

※読者さんからの情報提供をいただきました!

自動ターンテーブルで300m稼げます。

どうやらGPSを再認識するときにキャラクターが勝手に歩くことで、ちょっとなら距離稼ぎができるようです。

ほんとにちょっとですが・・・・^^;

そこで、こんな実験をしてみたところ・・・。

ポケモンGOの卵の孵化にターンテーブルを使ったら300m稼げた
ポケモンGOのたまごの孵化させるのに、2キロ、5キロ、10キロを実際に歩く必要があって、どうにか効率よく距離を稼げないか情報が錯綜しています...

ふかそうちの入手方法

ショップで購入する他に、レベルアップ時に手に入ることがあります。

あとは、ジムで防衛に成功すると無料でポケコンが貰えますので、無課金でふかそうちを入手することも可能です。

卵の捨て方と孵化装置のコツまとめ

たまった卵を捨てる方法はなく、ふかそうちを使ってどんどん孵化させる必要があります。

最初からもっている「ムゲンふかそうち」と有料の「ふかそうち」を使って、10kmのたまごからどんどん孵化させて、たまごを減らしましょう!

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

■ブログの更新情報を受け取れます。

『【ポケモンGO】卵の捨て方はあるの?孵化装置の使い方とコツ』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/07/28(木) 21:14:40 ID:d895f2f87

    10kmから孵化させるとよい、その理由はなんですか?
    私は2kmから孵化させるべきかと思います。空きスペースの増加速度優先です。2kmが多く詰まったバッグは、距離に関しては「少ししか入ってないバッグ」とみなせます。

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/07/30(土) 19:24:26 ID:7c261ce37

    10kmを捨てようと考える人はいないでしょ?
    10km=当りと考えるなら10kmを大事においておく方がスペースの無駄使いだと思いますので優先して孵化させてまた10kmが出るまで他を消費しながら待つんじゃない?
    10kmを9こ集めて孵化を楽しむのも悪くはないですが効率は悪い。
    増加スペース優先ならなおさら10kmを先に孵化させるべきだと思います。

  3. 名前:管理人 投稿日:2016/07/31(日) 13:28:28 ID:b3596e2d0

    ご指摘ありがとうございます!
    記事に反映させて頂きますね。

  4. 名前:匿名 投稿日:2016/08/01(月) 17:39:00 ID:9cc68eb90

    10km優先しますが私は無限孵化装置は2km優先で使っています。2kmに1回使うと勿体無いので節約できます