【モブサイコ100】第93話②ネタバレ&感想「いい感じにうざい天草w」

モブサイコ
出典:裏サンデー

前回モブサイコ100第93話①では、妖怪ハンター編の序章という雰囲気で天草晴明が出てきました。

いかにもインチキくさい容貌w 設定(?)をちゃんと作っているのか妄想か怪しいけれど・・・?

霊幻や芹沢、モブがどんな風に巻き込まれていくのか!

モブサイコ100第93話②ネタバレと感想です!

スポンサーリンク

モブサイコ100第93話②ネタバレ

前回までのネタバレ

【モブサイコ100】第93話①ネタバレ&感想「妖怪ハンター編開始w」
モブサイコ100第92話1~3は、エクボの活躍を予感させる話でしたね。 芹沢も仲間になって(霊幻に上手いように乗せられてw)今後芹沢の...

第93話②まとめ

  1. 天草晴明は妖怪退治の協力要請に霊幻の事務所に来た。
  2. 中二病発言が多くうざったいが、ボランティアで協力。
  3. 墓や竹林を見回るが怪しいところがない。
  4. かつてモブが除霊したビルから怪しいオーラを感じ、ビルに向かう4人

第93話②詳細ネタバレ

天草「私は”闇に蠢く者達”を追う者だ」

霊幻は天草晴明を話を聞くが、中二病な内容と話し方で何を言っているかわからず、予約客を優先し3時間を待たせる。

天草「そろそろいいか?”黒き軍勢”の襲来について話をしたい」

霊幻「(待ってたか・・・)”闇に蠢く者達”じゃないんですか?」

天草「”奴ら”の呼び名は一つではない、気安く口にすると”やられる”ぞ」

話を聞くと、”狂気の渦”が広がっているが、かつて”七色の勇者”が力を合わせて”太陽魔神”の侵略を退けたように、力を合わせれば勝利の糸口を掴めるかもしれないと、協力を要請しにきたのだった。

天草「私は、えっと”邪気を狩る者” 妖怪ハンター天草晴明!!」

霊幻「うるせぇ!客じゃねぇ奴の無駄話を聞くほどの暇じゃねーんだよ!」

焦る天草「でも”相談所”ってあったから・・・」

霊幻「お前のいちいち意味深なワードを区切る話し方が、聞いてて面倒くせぇんだよ!」

焦る天草「いやこれは一般人には”刺激”が強いから、”ショック”を与えないよう遠回しに話そうと思って・・」

霊幻「わざとわかりにくい言葉を選んで、気持ちよくなってんじゃねーよボケ!!」

そうしてようやっと天草晴明は、いっきに語りはじめた。話によると世の中に悪さをする妖怪が居て、それらを対峙するが妖怪ハンター・天草晴明。

妖怪の気配を追ってきたが手がかかりがなく、目についた「霊とか相談所」に来た。いま追っているのは妖怪集団”百鬼”

妖怪大王の復活のために人間の生命エネルギーを奪う準備をしているらしい。不吉な気配は日に日に増しており焦っている。

百鬼は強豪グループで一筋縄ではいかず、天草晴明の先輩も肉離れで引退に追い込まれた。営業エリアを荒らされるのは困る霊幻は、ボランティアで妖怪退治に協力することにした。

天草「仲間できて嬉しい。妖怪ハンターは常に孤独、人里離れた場所で人間社会と関わらないで生きてきた」

芹沢「でも、さっき話した七色の勇者とか太陽魔神て、最近話題のオンラインゲームの内容だよね。普段もネットは繋いでいるんだ」

天草「ムっ」

霊幻「ムッじゃねーよ。作り話だったらきっちり相談料請求するからな」

そこへ、モブが訪れて霊幻に相談があると話を持ちかけるが、この一件が終わってか聞くことになり、モブも一緒に妖怪対峙に出かける。

霊園、薄暗い竹林など見回るがいないようだ。

霊幻(こいつ、本当にただのコスプレイヤーじゃないだろうな)

最後に以前モブが除霊をしたビルを訪れると、天草は微かな妖気を感じる。芹沢も確かに変なエネルギーを感じるようだ。

モブは文化祭の衣装のことで頭がいっぱいの様子。

霊幻「んじゃ、行くぞ」

ビルに向かう4人の先に、黒い禍々しいオーラの描写。

モブサイコ100第93話②感想

難しい言葉使って気持よくなってるんじゃねーよ!と、言ってやりたい人って仕事関係でいますよねw

なかなかアクの強いしゃべり方をするようですが、それが簡単に想像できちゃう描写がすごいなぁ。

今更気づいたけれど天草晴明の晴明って、安倍晴明(あべのせいめい)から取ってる?

安倍晴明の陰陽師をダサく呼ぶと”妖怪ハンター”だとおもうのw

ネタバレ&感想まとめ

以上、モブサイコ100第93話②ネタバレと感想でした。

妖怪ハンター編に入りもせずに終わっちゃうとか、ONE先生ならありえると思ったけど、天草晴明が言っていることは本当っぽいですね!

これからすぐにバトルに入るのかな?

天草晴明の活躍ぶりに期待w