マギとシンドバッドの冒険の違いやOVAとアニメの変更点は?

rapture_20160419231024

ここでは、そもそも「マギ」がどんな作品か知らない人に向けた「マギ」と「シンドバッドの冒険」の違いと魅力を解説していきます。

またシンドバッドの冒険は、TVアニメの前にOVA化していますので、その違いと変更点もお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

マギとシンドバッドの冒険の違いは?

シンドバッドの冒険は本編マギのスピンオフで、マギを描かれている大高先生のアシスタント大寺さんが連載を開始した作品です。

現在「Mangaone」アプリにて無料で公開されています。

主人公とストーリーについて

マギでは、”アラジン&アリババ”の2大主人公となっていますが、シンドバッドの冒険はそのまま”シンドバッド”が主人公となっています。

マギ本編でシンドバッドは、物語に大きな影響を与える重要人物として描かれていますが、その過去については描かれていません。

シンドバッドの冒険では、シンドバッドが生まれた時から、マギ本編で七海の覇王と呼ばれる現在までの過去編の物語となっています。

マギ本編にはシンドバッドの冒険譚を書いた巻物「シンドバッドの冒険書」が普及していて、まさに私達が読んでいる物語が綴られています(ちなみにシンドバッド本人が著者)

マギ本編を知らなくても楽しめる

世界観の説明もシンドバッドの冒険で解説されているので、マギを知らなくても楽しめる内容になっています。

マギ本編でシンドバッドの仲間であるキャラクターも出てくるので、シンドバッドの冒険を読んでからマギ本編を読んでも、その反対でも「あのキャラが・・!」って感動がありますよ!

シンドバッドの冒険で仲間になったキャラクター達は、マギ・アニメ7話、コミックスでは4巻から登場します。

OVAとの違いと変更点は?

シンドバッドの冒険は、一足早く単行本1巻~7巻に特典としてOVAが付いてきていました。

今回のTVアニメ第2話「船乗りシンドバッド」から第6話「居場所」まではOVAを編集し加筆・修正したもので、1話と7話以降は新規放送となります。

声優に変更がないので、すでに観た方も違和感なく楽しめますよ。

シンドバッド 小野大輔
ドラコーン  杉田智和
ジャーファル 櫻井孝宏
ヒナホホ   藤原啓治
ミストラス  羽多野渉
ユナン    石田彰
バドル    小西克幸
エスラ    日笠陽子
セレンディーネ 茅野愛衣
バルバロッサ 子安武人
バアル    東地宏樹

公式サイトより

細かなOVAとTVアニメの違いは、各話の感想とネタバレで解説していきます!

→ マギシンドバッドの冒険アニメの感想とネタバレ

マギの魅力

マギは千夜一夜物語(アラビアンナイト)をモチーフに繰り広げられる冒険ファンタジー。

12歳の謎の少年アラジンと16歳の商人アリババが世界中に突如現れた迷宮を攻略してジン(精霊)と契約。金属器使いとなり、世界の異変や国同士の争いに関わっていきます。

マギは「他者との違い」「劣等感」「不平等な世界」「自分の運命に贖う」といった少年誌にしては結構重めなテーマを扱っており、国同士の争い・政治といった描写もあります。

くわえて少年誌らしい設定も魅力的で、例えば金属器使いの魔装化や魔法を使った迫力のある戦闘シーン、アラジンとアリババの友情。

アリババの真っ直ぐさに惹かれていく仲間たちとの交流や、思わず吹き出してしまうギャグも描かれていて、男女問わず支持を集めている作品ですね!

マギの大きなテーマは、シンドバッドが命をかけて変えたい「理不尽な世界」なので、スピンオフには為すべきしてなったと言えますね。

まとめ

以上、マギシンドバッドの冒険の違いやOVAとアニメの変更点でした。

マギからシンドバッドの冒険を読んでも、シンドバッドの冒険からマギを読んでも、問題なく楽しめるので、ぜひぜひご覧になってみてください^^

OVAとアニメの違いもアニメの感想ページで随時公開!

→ マギシンドバッドの冒険アニメの感想とネタバレ

マギ本編は最終章に入り物語の終わりが近づいて来ていますが、シンドバッドの冒険では序章の段階です。まだまだマギの世界で楽しめそうですよ^^