【マギ】307夜ネタバレ&感想「凄くないアリババに会いに行く」

出典:少年サンデーマギ307夜
出典:少年サンデーマギ307夜

マギ306夜では、2年前にシンドバッドの誘いを断ったアラジンが、アルバに追われましたね。

白龍が足止めをして、油断したアルバから情報を聞き出し、うまいこと鬼倭国ごと逃走!

アルバが代々どうやって煌帝国に巣食っていたのかも判明しました。

そして、今回は現在のアラジン達の様子が伺えます!ついに現在の白龍も登場。

では、マギ307夜ネタバレ&感想です。

▶ マギ最新話 はこちらでネタバレ中!

スポンサーリンク

マギ 307夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】306夜ネタバレ&感想「アルバとシンドバッド結婚フラグ」
マギ305話では、シンドバッドがルフを書き換えるためにソロモンの知恵を必要とし、逃げたアラジンを追ったアルバと白龍の戦いが始まったところでし...

307夜まとめ

・元の世界に戻るためマザードラゴンに会うアラジン達。3人はそれぞれこの地で修行することで強くなっていた。

・マザードラゴンにシンドバッドを殺すのかと尋ねられるが、アラジンはアリババが違う道を示してくれると伝える。

・健彦にアリババについて聞かれ、アリババのように相手を尊敬し一緒に進む王様がいる世界なら、みんなで前進めると語り、転送魔法が発動する。

307夜ネタバレ詳細

現在の暗黒大陸。

モルジアナは赤獅子(ファナリス)と稽古をつけてもらっている。

出典:少年サンデーマギ307夜

出典:少年サンデーマギ307夜

赤獅子「やるな、モルジアナ!!」

モルジアナ「まだまだ、稽古をつけてください!!」

鬼倭王城では健彦が白龍の稽古を付けていた。

白龍「まだまだ、次は金属器でお相手を!」

健彦「休憩じゃ、ボケ!歳の差を考えろ!」

アラジン「タケルさんはもう、おじさんだもんね!」

健彦「おじさんは勘弁ぜよ、アラジン」

出典:少年サンデーマギ307夜

出典:少年サンデーマギ307夜

アラジンは鬼倭国に居させてくれることに感謝するが、健彦も国を島ごと動かせるようにしてくれたアラジンに感謝する。

鬼倭島は暗黒大陸と同じ地層のため、アルマトラン時代の魔力が蓄積している。そのためアラジンの魔法を組み合わせて動かせるようにできた。

健彦「これで鬼倭は新世界の妙な規則に縛られず、自由に生きられる。

鬼倭の前王は大層シンドバッドに肩入れしよったが、おれは覇王の犬にはならんぜよ」

健彦は鬼倭が辺境の地でなければ、自分が七海を覇王と呼ばれていたと悔しがる。

同じ年のシンドバッドが自分より名高いことから、勝手にライバル視しているようだ。

七海がアラジンに、次アルバに見つかったら手の負えないのではと話かける。

アラジン「大丈夫だよ。今の僕たちなら、誰にも負けないよ」

そして、アラジン、モルジアナ、白龍は、元の世界に戻るまえに原始竜・マザードラゴンに会いにいく。

magi307-5

マザードラゴンは3人の旅立ちをさびしく思う。

アラジン「おねえさんがアリババくんとジュダルくんを送り届けて帰ってきた直後だったんだよね」

モルジアナ「入れ違いなってしまいましたね」

白龍「ジュダルは今頃、下界のどこで何をやっているんだ・・・?」

ジュダルはこちら側を知ることができないらしい。

モルジアナは赤獅子と、白龍は健彦と、アラジンはマザードラゴンと魔法の修行をすることで強さを手に入れた。

マザードラゴン「それで、シンドバッドという男を殺すのか?ソロモンはダビデを殺したぞ。」

アラジン「ちがうよ。シンドバッドおじさんは悪人じゃないよ。

おじさんが作り上げた今の世界は悪いものじゃないしね」

ただ、永遠に君臨していい誰か1人がいるとは思わない。シンドバッドはそれになろうと、または、それ以上の何かになるかもしれない。

アラジン「それを止めるには、また戦うしかないと思っていたけれど・・・。

見つけたんだ。違う道を示してくれる人を。アリババくんだよ!」

アラジンは転送魔法陣であちら側に移動すための準備をする。

マザードラゴンに運んでもらうよりか早いと自慢気に話すアラジン。

出典:少年サンデーマギ307夜

出典:少年サンデーマギ307夜

白龍「一瞬で移動できないんですか?ジュダルの転送魔法陣はできましたが」

アラジン「簡単にいわないでおくれよ!」(ジュダルと比較されちょっと怒る)

暗黒大陸が広いため、転送魔法陣を何度も経由する必要があるのだった。

健彦はアリババを買い被っていないか、シンドバッドよりどこが凄いのかアラジンに尋ねる。

アラジン「アリババくんはね・・・すごくないところがすごいんだ!

アリババくん自身は、世界一すごい万能な人じゃないよ。

でもね、アリババくんは自分以外の人のことを、”すごい人だ”って尊敬することができるんだよ」

出典:少年サンデーマギ307夜

出典:少年サンデーマギ307夜

自分を認められると何かできるんじゃないかって思える。やってみようと思えると語るアラジン。

アラジン「僕もアリババくんにそう言ってもらったことがあるよ」

白龍「煌帝国の元兵士たちや、紅玉帝(あねうえ)にまで同じ言葉をかけるとは、あの人はまったく・・・」

シンドバッドが尊敬されて引き連れる王様なら、アリババは相手を尊敬し一緒に進む王様。

アラジン「そんな王様が並び立つ世界なら、みんなで前へ進めると思わないかい!?」

健彦「さーーわからん!おれたちは、とにかく自由にいきたいだけぜよ!」

アラジン「僕はそう信じてる。だから君に会いに行くよ、アリババくん!」

マギ307夜感想&考察

少年漫画にありがちな修行回の描写をすっとばして、3人ともレベルアップとは!

モルジアナが人間の姿のままなのが残念、赤獅子姿もいつか見れるでしょうか。

白龍の顔つきが大人かな?でも前回とそんなに変わらないですね、衣装チェンジはあるけれど。

アラジンがマザードラゴンさえも「おねぇさん」呼びするとか、年上キラーになりそうな予感w

モルジアナが美人さんで、かつお胸の成長がいちじるしい描写がっっっっ!
白龍は目のやり場にこまらないのかな?あと、2人の関係はどうなっているの!!

アリババのことはまだ好きなんですかーー!気になるよ!

健彦、シンドバッドの冒険に登場か?!

鬼倭の前王は健彦の父親だとおもうけど、もしかしたらシンドバッドの冒険にて、鬼倭国を訪れる話が今後描かれるかもしれませんね!

きっとその時には、幼少期の健彦が見れるに違いない、楽しみだなっ。

ジュダル、どこで何やってんだよww

アリババと別れてから、結構月日が経ってるんじゃないのかな?

世界中飛び回って探しているうちに、イムチャックにたどり着いてヒナホホ登場とかあるかも。

最悪、アルバに捕まっている可能性もあるのでは?

304夜でシンドバッドが「例の件どうなっている?」って言っていたのが、ジュダルとか・・・。

もしや洗脳中とか・・・。

戦わずして、シンドバッドに勝つには?

いや、無理でしょ!

アルバがやる気満々だし、イザとなったら単独行動で狩りにくるだろうな。

商売で勝つにしても、アルバが納得しないでしょうし、あれだけ「俺が!俺が!」になっているシンドバッドを、なだめられるようには思えないです。

ネタバレ&感想まとめ

以上、マギ307夜ネバタレ&感想でした!

次回はとうとう、アリババとアラジン達の再開のはず!!楽しみだァァァ!

アリババはどんな反応するだろうね。

アラジンのイケメン化に悔しがるには違いないですけどw

次回のネタバレ

【マギ】308話ネタバレ&感想「アルバと戦うユナン、力開放!」
マギ307夜では、アラジン達の鬼倭国での日常回でした。アリババのことを語るアラジンは、本当に嬉しそうでしたね! アリババとやっと再開か...

『【マギ】307夜ネタバレ&感想「凄くないアリババに会いに行く」』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/05/26(木) 21:03:44 ID:59b9e0e73

    個人的にモルさんとアリババってすごく好きなんで、白龍にとられてたらちょっとショック、、笑

    でもなによりアラジンとアリババの再会が凄く楽しみです!
    そして白龍とアリババの再会、白龍お前は気まずくないのか?と気になります笑

  2. 名前:管理人 投稿日:2016/05/26(木) 22:48:56 ID:f675699b0

    コメントありがとうございます!

    白龍とどうにかなっちゃってるんですかねぇ?!
    個人的にアリババと白龍の間で揺れ動くモルさんもみたいっ!

    >そして白龍とアリババの再会、白龍お前は気まずくないのか?と気になります笑

    同意!どんな顔して会うつもりなんだと問い詰めたいですっw
    でも、アリババは笑顔で許しちゃうんでしょうねぇ。

  3. 名前:匿名 投稿日:2016/06/05(日) 16:24:55 ID:b7f90ec4a

    うーん、今も難しい感じが好きだけど、ファンタジーじゃなくなってきてるかもねw最初の頃はシンドバッドが葉王とか言ってたのに中二病こじらせるってw最終回が来てほしいような来てほしくないような…これからに期待です!

  4. 名前:管理人 投稿日:2016/06/06(月) 16:51:49 ID:a4cea03f7

    コメントありがとうございます!

    葉王とかやってたころが懐かしいですよねw
    その頃のシンドバッドは、なんていい王様なんだっておもっていたのになぁ。

    最終回はまだまだ先であってほしいこの頃(><)