【マギ】277夜ネタバレ&感想「戦いの終焉」

出典:マギ28巻

マギ276夜では、ダビデが地上の誰かと繋がっており神として下りようとしていること、そしてアリババとジュダルがマザードラゴンの背にのって移動をはじめましたね。

今回はふたたび戦場へ戻ります。

では、マギ277夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ277夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】276夜ネタバレ&感想「神の意思」
マギ275夜では、マザードラゴンに出会ったジュダルとアリババでした。 今回は世界の異変について知ることになります。 では、マギ2...

277夜まとめ

倭健彦が魔装して放った一撃が紅明を貫く。紅覇は反撃をしようとするが、シンドバッドによって紅玉が操られ首を取られそうになる。

シンドバッドと共に白龍が降伏を呼びかける。

277夜ネタバレ詳細

ダリオス「我々、七海連合は盟友・練白龍帝の助太刀に参った!これは侵略ではない!!」

紅覇「そうか・・白龍は最初からこのつもりだったのか!白龍は勝ち目がなくてもあえて兵を起こす必要があったんだ」

この戦いは・・七海連合介入の口実にされていたのだった。

倭健彦「狙うは敵大将首ぜよ!!

傾聴と鋭絶の精霊よ・・我が身に宿れ、我が身に纏え・・魔人・「カムイ」!!」

出典:マギ28巻

紅覇「こいつ・・「金属器使い」だったのか!やってやる!!」

倭健彦が一撃を放つ!しかし、その攻撃は紅覇の横を通り過ぎていく。

紅玉「外したッ!?」

紅覇「しまった、狙いは・・!!」

西軍本部にいる紅明が、その攻撃を食らって倒れる!

出典:マギ28巻

紅覇「紅玉!!まだだ、僕たちが白龍を倒せば、七海連合の介入の口実もなくなる!!僕に力を貸してくれ!!」

しかし、紅玉の様子がおかしい。

紅玉「い、いいいいえお兄様・・」

紅玉がその刀を紅覇の首に当てた。

紅玉「・・紅覇皇子。武器を収めてもらおう。これ以上の流血は耐え難い・・私は七海連合の盟主、シンドバッド王だ!!」

出典:マギ28巻

出典:マギ28巻

紅覇は何が起きたか、よく理解できていない。

バルバッド港にて。

シンドバッド「私は、盟友たる練白龍帝の要請により・・煌帝国の内紛を収めに来た!練白龍帝こそが、練白徳帝の血を継ぐ正当な皇帝なのだ!」

華安平原にて。

白龍「我が盟友、シンドバッド王の言う通りだ!

練紅炎は世界の破滅を企む組織に組し、先帝と太子を殺害し、あまつさえ今は偽帝を名乗り、皇帝国そのものを奪おうとしている!

反乱軍は剣を収めよ!そして吾と共にシンドバッド王が唱える世界の平和を実現させるのだ!!」

西軍兵士は、どういうことになっているのか分からず混乱する。

白龍「故に・・吾は七海連合と共に練紅炎を討つっ!!!練紅炎は偽りの冠を脱ぎ捨て、投降せよ!!!」

アラジンは、これがシンドバッドが考えていた作戦だったのかと、知る。

炎彰「紅炎様!!!まだやれます。今さら旗色を変えるものなどおりませぬ!!」

周黒惇「我々は最後まであなた様についていきます・・戦いましょう!!!」

「いかがなさいますか!?紅炎様!!!」

277夜ネタバレ感想

ここで紅玉を操るシンドバッドっては腹黒いわ~~~~!!!

倭健彦によって紅明が負傷!腹を貫いてるけど大丈夫なのか!!!

紅炎のとった決断とは!!

次回のネタバレ

【マギ】278夜ネタバレ&感想「兄弟との対面」
マギ277夜では、シンドバッドとともに白龍が降伏を呼びかけました。 紅炎が選んだ道とは? では、マギ278夜ネタバレ&感想です。...

あなたの感想や意見を教えて下さい

マギ277夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や意見を遠慮なく語っちゃってくださいね^^