【マギ】274夜ネタバレ&感想「白瑛とシンドバッド」

出典:マギ28巻

マギ273夜では、白龍のピンチにササン王国と鬼倭国の王2人がかけつけましたね!

七海連合の国家が助けに来たということは・・・!!

では、マギ274夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ274夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】273夜ネタバレ&感想「当初の計画が発覚!」
マギ272夜では、李青龍・周黒彪を楽禁達にまかせて、紅玉と紅覇が白龍のもとにつきました。白龍自身はマゴイが切れてしまいましたが、はたして?!...

274夜まとめ

白龍はシンドバッドに連絡を取り、煌帝国としてすでに七海連合の一部になっていた。

天山山脈を守っていた白瑛はシンドバッドに懐柔されていた。

その頃ジュダルとアリババは急いで移動をしていた。

274夜ネタバレ詳細

ダリオス「「七海連合」サザン王国・国主ダリオス・レオクセス!」

倭健彦「同じく、鬼倭国・国主倭健彦」

二人が白龍の後ろに並ぶ。

紅覇「「七海連合」は「他国を侵略せず、侵略させず」という大層な信条を掲げていたはずでは?何ゆえ、我が帝国内に軍を率いて侵攻してきたのか・・答えろ!」

ダリオス「これは侵略ではない。我らは「七海連合」の盟約に従い、盟友の内紛を収めに参った。ここにいる、煌帝国の正統な皇帝たる「練白龍」の名の下に・・

煌帝国は、「七海連合」とすでに誓いを交わし合った、「七海連合」の一国なのである!!」

紅覇「なっ・・なんだとォ!?」

西軍本陣にて。

役人「ばかな・・ありえん!!ササン軍が天山を超えるなど・・!!

そもそも天山山脈は、白瑛将軍が軍を率いて守っておるはずではないか!!」

兵士「いっ・・いいえ・・それが・・・!!」

紅明「ばかな・・なぜだ・・白瑛殿・・!?

あの男が・・シンドバッド王が動いたというのか!!」

紅明は、七海連合が大規模に動いていたのに情報が入らなかったと悔しがる。

とある船上にて。

白瑛「弟の命を守るためには・・こうするより他に・・なかっただけです・・」

泣きながら白瑛は、目の前にいる人物に訴える。

シンドバッド「わかりました。弟君のことも何もかも、私におまかせください。

バルバッドへ参りましょう。共にすべての戦いを終わらせるために!」

出典:マギ28巻

出典:マギ28巻

港にはシンドリア国の他に、アルテミュラ王国女王・ミラ・ディアノス・アルテミーナと、エリオハプト王国国王・アールマカン・アメン・ラーの部隊もいた。

二十日前の「洛昌」での戦いの後に、白龍はシンドバッドにコンタクトを取り、この戦いを計画した。

しかし白龍は、結局一人の力で国を取り戻せなかったことに、落ち込んでいる。

場所は変わり。

ジュダル「おい、いつまでとばしゃあいいんだよ、アリババぁ!?なんでこんなに急ぐ必要があるんだよ?」

アリババ「早く戻らなきゃならねーんだ。アラジンたちの元へ・・間に合わなくなる前に。俺はそのために、戻ってきたんだ!」

274夜ネタバレ感想

白瑛が登場しましたが・・・・顔の傷が消えてますね。

・・・つまり・・・この時点で例のあの人なわけです!!!!

シンドバッドの目は気づいちゃってる目だよねぇ。

次回のネタバレ

【マギ】275夜ネタバレ&感想「世界の底」
マギ274夜では、白瑛がシンドバッドに懐柔されササン王国をとおしたことが判明しました。 今回は場面が変わってジュダルとアリババの珍道中...

あなたの感想や意見を教えて下さい

マギ274夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や意見を遠慮なく語っちゃってくださいね^^

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。