【マギ】272夜ネタバレ&感想「眷属合戦」

出典:マギ28巻

マギ271夜では、白龍の元へ向かった紅覇と紅玉の前に、李青龍・周黒彪が立ちはだかりました。

いま、魔装でマゴイを使うわけにはいかず、さてどうするのでしょうか?!

では、マギ272夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ272夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】271夜ネタバレ&感想「敵陣突破」
マギ270夜では、紅明の転送魔法陣で東軍のまわりに崖を作り、炎の壁を作りました。 しかし、構わず突っ込んでくる東軍に対して、あらたな対...

272夜まとめ

李青龍・周黒彪と戦うしか無い!という時に、楽禁と李青秀が現れる。

その頃、白龍はマゴイが足りず義手が腕から落ちてしまう。

272夜ネタバレ詳細

李青龍「ベリアルより生まれし眷属よ・・」

周黒彪「ザガンより生まれし眷属よ・・」

二人「我が身を捧げる・・我が身と・・一つになれ!!」

二人は眷属と同化し巨大な化物になってしまう。

紅覇「不自然な同化だ。生命を操る白龍の「ジン」の力で無理やり勧めたんだろうけど・・死ぬよ?そんなことすれば」

李青龍・周黒彪「構わぬ。皇子よ・・我らは、死ぬべきなのです。祖国を「組織」に蝕まれながら・・今まで何もしなかった。

白龍様以外、誰も何もしなかった。・・ここで戦い、消え去るべきなのです!!」

李青龍が西軍の兵士に「ベリアル」をかけ、西軍の兵士たちが同士討ちをし始めた。

それを止めるために紅覇の部下の魔導士たちが動き出すが、「ザガン」で操られた植物たちにまとわりつかれ、魔力を奪い取られてしまう。

その悲惨な状況に、紅玉はどうしていいかわからなくなる。

李青龍「金属器を使え!練紅覇!!」

紅覇が魔力を使おうとしたその時、

出典:マギ28巻

出典:マギ28巻

楽禁「待ってましたぜ出番を!ここは任せて先に行ってください紅覇様、紅玉様!」

李青秀「やっぱ「眷属」とは・・「眷属」どうしでカタをつけなきゃでしょ。なァ!?」

紅覇はその場を眷属の皆に任せ、紅玉と白龍の元へ向かう。

西軍本陣にて。

紅明「白龍は・・紅覇や紅玉を「甘い」と判断したのでしょう。

兵を盾に取り足止めをし、無駄な魔力を消耗させることができると。

同様にあの十万の強化兵団も、直接対決の前に、我々に魔力を消耗を強いるための布石・・そして、実際その通りにことは運んだのです。しかし・・

手数に差がありすぎる。白龍には兵力もなく、軍師もなく、もはや将もない。わかっていたこととはいえ・・

白龍は一人なのだ。それでは戦に勝てない。ジュダルさえいれば・・戦は全く違いものになっていたであろうが・・」

紅明はジュダルがいないからこそ、兵団同士のぶつかり合いにあえて応じ、白龍の魔力を削ぐという作戦をとったのだった。

東軍本陣にて。

白龍「どうした、もっと魔力をよこせ」

すでに大量の魔力を使った白龍が未だに魔力を切らしていなかったのは、操っている「組織」の魔導士たちから魔力を奪っていたからだった。

しかし白龍の身体が限界に近づいてきており、魔法をかけた義手も動かなくなってきている・・

ナナウミ「最初からわかっていたこととはいえ・・残念無念、負け戦さでしたねぇ!

やっぱ、所詮白龍陛下じゃあ、紅炎さんにも、他の兄弟たちにも、勝てなかったってことですかね〜?どうしますぅ〜?陛下」

汗だくになっている白龍。

出典:マギ28巻

出典:マギ28巻

ついに義手をつないでいる魔法が切れ、ボロっと取れてしまう。

272夜ネタバレ感想

紅明はマゴイ切れを狙っていて、あえてこの作戦を決行していたんですね!そうかぁ!

ついに白龍のマゴイが切れて義手も落ちてしまいましたが、どうするんでしょうか?

なにげに七海の発言にイラってしてそうな白龍w

次回のネタバレ

【マギ】273夜ネタバレ&感想「当初の計画が発覚!」
マギ272夜では、李青龍・周黒彪を楽禁達にまかせて、紅玉と紅覇が白龍のもとにつきました。白龍自身はマゴイが切れてしまいましたが、はたして?!...

あなたの感想や意見を教えて下さい

マギ272夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や意見を遠慮なく語っちゃってくださいね^^

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。