【マギ】270夜ネタバレ&感想「包囲作戦」

出典:マギ270夜

マギ269夜では、戦いに躊躇していた紅玉が決意を固めたところでしたね。

今回は、ついに魔装が?!

まぎ270夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ270夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】269夜ネタバレ&感想「紅玉の決意」
マギ268夜では、紅明が部下たちと最終的な目的は大将の首を取ること確認しあいましたね。 この場合大将って、白龍なんですけれど・・・(><)...

270夜まとめ

紅明の転送魔法陣を利用して、東軍のまわりに深い崖を作る。そこへ油を入れて激しい炎のカベを作り、白龍の軍をその場に留めさせる。

270夜ネタバレ詳細

紅覇の部下たちが魔法の絨毯にのって、上空から様子を報告しようと観察している。

紅覇の部下1「東軍の勢いは想定以上だ!まさかこのまま、紅明様の元まで中央を破られるのでは!?」

紅覇の部下2「いや・・見ろ!」

紅覇と紅玉がそれぞれ部隊を指揮し、東軍を包囲することに成功する。

そして西軍兵士が降参を呼びかける。

しかし、東軍兵士はその異様な強さで攻撃することを止めない。

「ベリアル」と「ザガン」によって引き出された「怒り」と「恨み」の心による暴力は、全く止められない!

東軍の兵士が、その状況を鳴鳳(紅明の眷属)に報告する。

鳴鳳「今回はただの包囲作戦ではダメだ。・・最後の一辺になるまで「怒り」のままに全力で襲いかかってくるだろう。

もちろんそれでも、圧倒的兵力差を持って包囲殲滅作戦をとれば、西軍は勝てるかもしれない・・しかし、敵味方ともに多くが死ぬ・・凄惨な結末になるだろう。

うちのご主人様は、その前にカタをつける。そのために、少々魔力を使うってさ」

戦場にて、西軍兵士が少しだけ退却する。

東軍兵士が追ってこようとするが、目の前に光の壁が現れる。

紅覇「行くよ、明兄」

上空に魔装した紅明。

紅明「七星転送方陣(ダンテ・アルタイス)!頼みますよ、紅覇」

紅覇の技を転送し、東軍のまわりに攻撃を着地させ穴をつくる。東軍兵士たちの周り一帯に崖ができる。

出典:マギ220夜

出典:マギ220夜

東軍兵士「ふざけやがって!そこで待ってろ!ぶち殺してやる!」

一斉に崖を降り、西軍兵士たちがいる所までよじ登っていこうとする。

そこへ、西軍兵士たちは油を崖に一斉に流し込み、火の矢を放つ!

崖全体に火が回り、東軍兵士はその火に囲まれる。

西軍兵士「これは単なる包囲作戦ではない。お前たちの「怒り」に任せた戦いを止めてみせる」

270夜ネタバレ感想

知略戦では紅明に軍配があるみたいですね!

転送魔法陣は便利だな。ん、というか紅覇や紅玉をいっきに白龍の元に転送させちゃえば早くない?w

そんなにマゴイ使わないとおもうんだけど・・・。まぁ漫画的にはおもしろみがないですねw

次回のネタバレ

【マギ】271夜ネタバレ&感想「敵陣突破」
マギ270夜では、紅明の転送魔法陣で東軍のまわりに崖を作り、炎の壁を作りました。 しかし、構わず突っ込んでくる東軍に対して、あらたな対...

あなたの感想や意見を教えて下さい

マギ270夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や意見を遠慮なく語っちゃってくださいね^^

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。