【マギ】268夜ネタバレ&感想「華南の戦い」

出典:マギ27巻

マギ267夜では、紅明達が自軍の士気を高め、いざ決戦へと歩みをすすめたところでした。

今回はハニババ&ジュダルの登場はありませんw

では、マギ268夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ268夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】267夜ネタバレ&感想「決戦前夜」
マギ266夜では、ジュダルとアリババが出会って珍道中がはじまりましたねw 今回はその続きと、紅明、紅覇、紅玉達の様子です。 では、マ...

268夜まとめ

白龍陣営、紅炎陣営の戦力を把握し戦術を練る紅明。白龍が紅炎たちに向け宣戦布告する。

268夜ネタバレ詳細

兵士「敵軍が動きました!敵軍は「華安渓谷」を抜け、「華安平原」東端に陣を移動させました!」

役人「なんだと!?愚策ではないか・・」

紅明「いえ、まだ「愚策」とは言い切れません。

少数の塀で谷にこもるのは昔の定石です。・・そして「金属器」の能力は、地形の影響を受けます。白龍はあえて華安平原を選んだのでしょう。」

皆は、白龍自信が戦場に出てきたため谷をあえて避け、平原に出た可能性が高いと推測する。

出典:マギ27巻

出典:マギ27巻

役人「バカな・・では洛昌を空にして!?白龍皇子は一体何を考えておるのだ!?」

李青秀「それしか手がないのさ。」

紅明「バルバッドに連絡を。陛下のご採択で悠州の兵力を、洛昌へ南下させなさい。」

兵士「はっ!」

紅明「・・白龍が出てくるのは我々には好都合です。青秀、我々の最終目的は何ですか?」

李青秀「えーっと・・洛昌を落とすこと?」

出典:マギ27巻

出典:マギ27巻

紅明「違います。あくまでも白龍を打つことです。これは皇位を奪い合う戦争です。

白龍さえ倒せれば、洛昌に意味はないのです。

白龍が洛昌にいるのであれば、洛昌を包囲し、白龍を倒す。その手はずでした。しかし、白龍がこの「華安平原」まで来ているのならば・・」

李青秀「華安平原」が決戦の地だ!!」

紅明「そうです。我々の目的は殺戮ではないのですから、速やかに大将の首をとりましょう。

では、最終的な決戦を詰めます。」

翌日。

兵士たちが、決戦への準備をする。

「煌帝国西軍」

第一軍兵二十二万 軍団長 将軍・練紅覇

第二軍兵二十万 軍団長 将軍・練紅玉

第三軍兵十一万 軍団長 楽禁

第四軍兵九万 軍団長 李青秀

西軍総大将 練紅明

「煌帝国東軍本陣」

第一軍兵五万 軍団長 将軍・李青龍

第二軍兵五万 軍団長 将軍・周黒彪

東軍総大将 練白龍

東軍には謎の巨大生物がおり、白龍の後ろに控えている。

謎の女ナナウミ「戦じゃ戦じゃ〜ワクワクするぅ〜!」

白龍「反乱軍全兵に告ぐ!!吾は練白龍、皇帝の名の下に汝らに命ずる!!

練紅炎の首を差し出し、反乱軍は直ちに降伏せよ!!さもなくば、殲滅する!!!」

マギ268夜感想

煌帝国編も後半に突入しました!次回から28巻になります。

白龍と紅炎の決着はどのようにつくのでしょうか?!

マギ3期で煌帝国編も見たいなぁ~~。

あなたの感想や考察をおしえてください!

268夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や考察をおしえてくださいね。

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。