【マギ】260夜ネタバレ&感想「アラジンvsジュダル決着!」

出典:マギ27巻
出典:マギ27巻

マギ259夜では、アリババが白龍の鎌によって意識を奪われてしまいました。

アラジンとジュダルの最終決戦の結果は?!

では、マギ260夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ260夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】259夜ネタバレ&感想「ジュダルvsアラジン」
マギ258夜では、白龍との戦いに覚悟を決めたアリババが極大魔法を唱え、白龍と刃が交わりました。 白龍の両足が消えていて、アリババの様子...

260夜まとめ

アラジンの魔法で、宇宙空間にまで飛ばされるジュダル。

ジュダルとアリババの行方について、それぞれ膝を落とす白龍とアラジン。

260夜ネタバレ詳細

アラジン「推力固定衝(ゾルフ・アッシャーラ)!」

ジュダルは砂の巨人に吹き飛ばされた勢いが止まらず、どんどん上空へと飛ばされる。

ジュダル「力比べか?いいぜ。アラジン。俺はおまえに勝つ!!」

ジュダルが一瞬、気を抜き魔法の放出が止まると、またその勢いで吹き飛ばされかける。

ジュダル「少しも気が抜けねーな!」

ジュダルはアラジンの元へ必死に戻ろうとするが、アラジンの魔法の威力が弱まらず全く前に進まない。

魔法の威力には通常体力の減少による、微妙なブレや波があるのだが、アラジンの魔法にはそれが全くない。

そこでジュダルは気づく。

ジュダル「アラジン・・俺に何をしやがった・・!?」

その時、白龍が地上から植物を操り、ジュダルがこれ以上遠くへ飛ばされないように掴む。

ジュダル「白龍!余計なことするんじゃねーよ!」

白龍「うるさい、俺に従え!この魔法は何かおかしい!「絶縁結界」を張れ!!」

ジュダル「・・でもよォ・・そんなの張ってる余裕はねーよな!」

ジュダルは魔法を切り替えようとしたが、植物がちぎれ、さらに上空へと飛ばされてしまう!

ジュダル「オイオイマジかよ!!」

いつまで経っても弱まらないアラジンの魔法が、ジュダルをさらに上空へと押す。

ジュダル(どんなマギの体力も無限じゃねぇ!あのチビもいつか体力が付きて、そしたら・・そしたら・・。

・・・・あれ? 俺だって体力が尽きたらどうなるんだろう?こんなところボルクが切れて、1人で・・・)

出典:マギ27巻

出典:マギ27巻

ジュダル「くそ・・いやだな・・こんな終わり方は・・」

戻ってこないジュダルを心配する白龍。

アラジン「ジュダルくんは、もう帰ってこられないよ」

白龍「アラジン殿・・?」

アラジン「さっき、ジュダルくんをウーゴくんのパンチで上空へ突き飛ばした。

推力固定衝(ゾルフ・アッシャーラ)は、その力をすっかり固定させてしまう魔法だったんだ。

一度生じた力がその向きのまま、その勢いのまま、ずっと続く。どんな障害に当たっても、どんなに粉々な破片になっても、永遠に突き進み続けるという。

アラジン「ジュダルくんは、もう二度とこの星に戻ってこられない」

白龍「・・そんな・・馬鹿げた魔法が・・そうだとしても、俺がお前に魔法をやめさせるだけだ!」

アラジン「無理だよ・・あの魔法は消せないんだ。世界の力の法則を書き換える技、一度放ったらもう、僕にもどうにもできないんだよ・・」

白龍「ウソをつくな、こいつ・・!」

アラジン「僕には・・この魔法しかなかったんだよ・・!」

白龍はそれを聞き、絶望する。

出典:マギ27巻

出典:マギ27巻

アラジン「アリババくん、ねぇ、アリババくん?」

白龍「無駄ですよ。そっちも・・」

アラジンも、ガックリとうなだれる・・・

260夜ネタバレ感想

白龍の精神を狩る魔法もえげつないけど、アラジンの相手を宇宙空間まで飛ばしてしまう行為も、えげつないわぁ~~~~(汗)

お互いそうするしかなかったとはいえ、どちらも後味悪い結果に・・・・・。

残った白龍とアラジンは、このあとどうするのでしょうか。

次回のネタバレ

【マギ】261夜ネタバレ&感想「七海登場!!」
マギ260夜では、ジュダルが退場!!お互いのパートナーを失った状況でアラジンと白龍は?! では、マギ261夜ネタバレ&感想です。 マ...

あなたの感想や意見を教えて下さい

マギ260夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や意見を遠慮なく語っちゃってくださいね^^

スポンサーリンク

おすすめ乙女ゲームアプリ!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。