【マギ】252夜ネタバレ&感想「白龍とアリババの再会」

出典:マギ25巻
出典:マギ25巻

マギ251夜では、アリババとアラジンは練紅炎の元に向かわず、白龍を説得するために「洛昌」へ向かい、白龍と対面したところでした。

アリババは白龍の意思をかえることが出来るのでしょうか?!

では、マギ252夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ252夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】251夜ネタバレ&感想「白龍の勅令」
マギ250夜では、玉艶を倒した白龍が、次は練紅炎を討つことを決めました。 そのころ、バルバットの紅炎とアリババ達は・・・。 では...

252夜まとめ

白龍と会話をしていく中で、アリババは白龍が変わっていることに気づき始める。

練紅炎を討つという白龍に、白瑛とモルジアナのことを話すと、白龍はアリババを偽善者だと罵り、戦闘態勢に入る。

252夜ネタバレ詳細

白龍は人払いをし、アリババと二人で座っている。

なんとか話をしないとと焦るアリババ。

アリババ「あのよ、白龍!話があって来たんだ」

白龍「そうでしょう。どうぞ」

アリババ「その・・おまえさ・・背、伸びたよな!ほら、「ザガン」の頃よりずいぶん・・おまえ、生意気な奴だな!」

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

白龍「・・・・・」

白龍はフッと笑う。

白龍「全く・・あなたという人は・・一年以上も経つのに全然変わらないんですね、アリババ殿」

その反応に安心するアリババ。

その様子を遠くから眺めるアラジンとジュダル。

引き続きお互いの話をし、アリババも白龍が全然変わっていないことに安心したが、

白龍「もう飽きました。そろそろ本題に入りませんか?

あなたは俺と組みに来た。紅炎の支配するバルバッドを共に攻め滅ぼすために。

そうでしょう?バルバッドを滅ぼし、紅炎を討つ!あなたは国を取り戻せる!」

アリババはそれを聞き、白龍はこういうやつだったかと怖くなる。

アリババ「白龍、違うんだ、俺はおまえに・・「紅炎」と戦争をするのはやめてくれ」って言いに来たんだ・・」

白龍「・・はぁ??」

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

アリババは「アルマトラン」のことを白龍に伝えるが、白龍は全て知っていると言う。

アリババ「し・・知っているなら!!」

白龍「しかし、それは何ら、俺が紅炎と手を組む理由にはなりません!俺は紅炎が信用できない。

ゆえに・・紅炎を殺す!!!やつは今や「アル・サーメン」よりも憎むべき世界の悪腫だ!!!」

アリババは白龍が、自分の家族の話をしているのにとても険しい目をしていることに気づいて、ショックを受ける。

白龍「何ですか・・?その顔は・・」

アリババ「いや・・でも紅炎も、あの「アルマトラン」を見せられて何もせずに居られるはずがねぇ」

白龍「ではあなたはどうなのですか?アリババ殿。

俺と手を組み、バルバッドを取り戻すという手段が目の前に転がっているのに何もしない・・。

ご立派な王子でさぞ幸せでしょうねぇ、旧バルバッド王国の国民は・・」

アリババはカっとするが、ここで決裂してはいけないと感情を抑えこむ。

アリババは白龍は完全に変わってしまったことを感じたが、元々真面目で優しいということを思い出しながら、語りかける。

アリババ「白龍・・!お前、姉さんのことはどうするんだよ!?

それに、アラジンやモルジアナ・・」

ピクッと反応する白龍。

アリババ「何よりお前自身の国の人たちを、傷つけることになるんだぞ!!」

白龍「なるほど、すごいな。確かに今、姉を出すのが俺には効果的だ。少し前の俺ならば、あなたの手を取っていたでしょう」

白龍は合点がいったと納得したように話しだす。

白龍「あなたは・・さも相手の幸せを願っているかのような口ぶりで他人に近づき、その人の、触れてほしくない心の一番深い大切な部分を・・。

暴き出し、えぐり出し、あなたが信じる「正しい世界」を実現させるためならば・・なんでも利用する、反吐が出るほどの偽善者ですね!」

アリババ「!!!」

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

白龍「あなたの正しさは一見清く眩しいから、みんな自分の考えを見失ってしまうんだ。でもね、アリババ殿。

「世界に」「ひとつの」正しさなんてありませんよ?人間の数だけ正しい道があっていいはずだ。しかし・・あなたの光は眩しすぎる・・

あなたは、俺が目指す世界にとって一番生きてちゃいけない人間なんだ。

だから・・死んでください!アリババ殿!!」

白龍は戦闘態勢に入る。

252夜ネタバレ感想

白龍ってアリババが一緒に紅炎と戦ってくれると思っていたんですね。

道筋は違っても国を追われた皇子という点で、親近感を抱き自分と同じように国を取り戻したいとおもっているはずだと感じていたのかも。

でも、自分の国の仇と手を取り合うなんて、白龍にとってバカらしいことを言い出し、さらに地雷をズカズカと踏んでいくアリババ^^;

たしかにね、アリババの存在って眩しいから惹きつけられる。本人にとっては偽善でもなんでもなく本心なんだけど、見る人によってはそう感じるだろうなぁ。

まぁ、主人公補正が働いてますんでねぇ^^;

白龍vsアリババ、次回から本格的な戦いです!!

次回のネタバレ

【マギ】253夜ネタバレ&感想「白龍vsアリババ」
マギ252夜では、白龍と会話が決裂し、アリババに白龍が挑んできました。 ついに白龍vsアリババが開戦! では、マギ253夜ネタバ...

あなたの感想や意見を教えて下さい

マギ252夜はいかがでしたか?

正直言うと白龍が読者を代弁して、言いたいこと言ってくれた感がありますね・・・。

ぜひぜひあなたの感想や意見を遠慮なく語っちゃってくださいね^^