【マギ】247夜ネタバレ&感想「帝都決戦」

出典:マギ25巻
出典:マギ25巻

マギ246夜では、白龍に練紅炎のジンフェニックスの能力が発動し、白龍の行動が制限されてしまいました。

そのままの状態で、練玉艶を討ちにきた2人に勝算はあるのでしょうか?!

では、マギ247夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ247夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】246夜ネタバレ&感想「練紅炎がゲスい」
マギ245夜では、ザガンとベリアルの力をためすために基地で能力を試し、練玉艶討伐に向けて準備していました。 練玉艶への殺意を強めた瞬間...

247夜まとめ

ついに練玉艶と対峙する白龍とジュダル。

白龍が極大魔法を唱えるが戒めの輪により、攻撃ができない。

練玉艶の圧倒的な強さになすすべがない2人。

247夜ネタバレ詳細

ジュダル「オラオラ、てめぇらの王のお通りだ!」

煌帝国兵士たちは、白龍の記憶を見せられ本当なのか混乱している。

李青龍・周黒彪「ここは、お通しできませぬ!」

白龍「どけっ!国の仇も見極められぬ老ぼれが!」

李青龍・周黒彪「知っています。しかし我々はあくまでも煌帝国の臣下なのです!!」

しかし、白龍の鋭い目を見て、行動ができなくなる2人。

ジュダルと白龍はその横を簡単にすり抜けていく。

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

ジュダル「説得力ないぜ、おっさんたち」

二人は玉座に到着する。

白龍「練玉艶、貴様を殺すッ!!」

玉艶「白龍・・そんな体でよくここまでこれたわね。でも、この戦力差をどうするつもりかしら。さようなら」

玉艶が人形達に攻撃の合図で右手を挙げると、自分に攻撃が放たれる。

ジュダル「ババァ!そいつらとっくにてめぇの手下じゃねーんだよ!」

白龍「分身体でルフを共有していたので仇になったな・・」

白龍は最初に解放した2体にベリアルの魔法をかけ、それがルフを通して他の分身にも渡り、操ることができたのだ。

ジュダル「んだぁ?もうやられちまったのかよ?」

煙の中から、玉艶が飛び出し攻撃が放たれる。

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

ジュダル「あれで防御魔法(ボルグ)かよ?!」

玉艶は「いいでしょう? 私が昔、かわいがってた娘の魔法なの・・・。

八ツ首の防壁(ボルグ・アルサーム)!」

ジュダル「ウッゼーんだよクソババアーーッ!!黒い雷槍(イル・ラムズ・アルサーロス)!!」

ジュダルが攻撃を受けそうになるが、白龍が助ける。

白龍「極大魔法!!」

しかし!フェニックスの「いましめの輪」により、白龍は攻撃を繰り出すことができない!

ジュダルは白龍を8型魔法で助ける。

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

玉艶「まさに「マギ」と「王」。涙ぐましいわね。でもね」

黒いルフが玉艶を中心にして集まり始める。

ジュダル「黒いルフが取られる!なんで!!」

玉艶「「あのお方」のご寵愛を私から奪おうなんて・・1000年早くってよ。ぼうや。

滅葬(メドウン・アルサーム)!!!」 

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

その攻撃により、城の床が全てえぐれ、白龍とジュダルは血を吐き倒れる。

ジュダル(この女・・・強ぇッッ!!)

玉艶は笑っている。

マギ247夜感想

シバのボルクの魔法を使ってくるとは、腸煮えくり返りますね!

でも、この魔法と攻守ともに完璧で使い勝手がいいんだろうな。

時は満ちた!といいつつ、力の差がありすぎw

2人はどうやって玉艶を討ったのでしょうか?!

次回のネタバレ

【マギ】248夜ネタバレ&感想「ジュダルの奥の手」
マギ247夜で、圧倒的な強さをみせつけた練玉艶。 ジュダルは奥の手をつかって、練玉艶の魔法を無力化して・・・?! では、マギ24...

あなたの感想や考察をおしえてください

まぎ247夜はいかがでしたか?

あなたの感想や考察をぜひぜひ語っちゃってくださいね!