【マギ】246夜ネタバレ&感想「練紅炎がゲスい」

出典:マギ25巻
出典:マギ25巻

マギ245夜では、ザガンとベリアルの力をためすために基地で能力を試し、練玉艶討伐に向けて準備していました。

練玉艶への殺意を強めた瞬間に・・?!

では、マギ246夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ246夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】245夜ネタバレ&感想「ベリアルの能力」
244夜ではついに白龍が堕転し、ふたつ目のジン、ベリアルを手に入れましたね。 今回は練玉艶を討つため着々と準備が進んでいるようです。 ...

246夜まとめ

練玉艶への殺意を強めた瞬間に、練紅炎のフェニックスの能力が発動。

しかし、怒りが収まらず、白龍は戒めの輪を頭に食い込まされたまま行動する。

ついに白龍達は練玉艶の居る帝都「洛昌」に降り立つ。

246夜ネタバレ詳細

第九補給基地に不審ありとの報せを受けてやってきた兵士。

煌帝国兵士「特に不審点はないな。勤めを怠るな。紅炎様の何恥ぬように」

基地内の兵士「練紅炎は簒奪者だ。大帝と太子を殺した簒奪者だ!!」

それをきっかけに、争いが始まる。

ジュダル「なんだぁ?あいつらスゲー強えーじゃん」

白龍はペリアルを使い、6日間家族の悲劇を見させ続けた。

そしてザガンの魔法で兵士たちの頭に植物仕込み、憎しみと興奮の回路を刺激し、強靭な戦士へと変貌させた。

白龍「「ベリアル」の魔法で全ての憎しみの矛先は、玉艶と紅炎一派に限定されている。

この「金属器」の同時発動こそが「ベリアル」の強みだ!」

しかし、幻を見られる範囲が半径10m以内のため、白龍は兵隊を一箇所におびき寄せ捕まえさせた。

その後も攻め込んできた者たちもとらえ、300余名の兵士を数日間かけ服従させ、戦力とした。

後日。

白龍は、玉艶と「アル・サーメン」を呼び寄せるために玉艶の人形を解放した。

白龍 “時は満ちた・・今ならあの女を殺せる!!”

その時!白龍の頭の中にあったフェニックスの卵が孵り、白龍が苦しみだす。

ジュダル「どうした白龍!?」

フェニックス「我が名はフェニックス。慈愛と調停の「ジン」。

我が王の名により、この者の殺意は私が調停した。殺意は温められている間はただの卵。

だが、明確な意図と確信によって姿をなし、たまごの殻を突き破ったとき・・私はそのヒナ鳥を縛り上げる。

殺意と体を遮断する。お前は殺戮を行動に移すことができない!」

ジュダル「・・紅炎!!」

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

その状況を視ている玉艶。

玉艶「そう。あの子たちが色々と動き出したようね。でも紅炎の呪縛をどうする気かしら」

ジュダル「ふざけんじゃねぇよ・・ただ、手のひらの上で生きろってのかよ?

俺たちはいっつもオリの中・・都合のいい時に・・都合のいいように生きるだけ・・!!」

苦しみが激しすぎて、気を失いそうになる白龍。

その時、自分の太ももに剣を刺す!

白龍「怒りを捨てろだと・・?冗談じゃない・・怒りだけが・・俺の生きる力の源だ!!

欺瞞の鎖で俺は止められんぞ!!紅炎!!」

フェニックス「バカな!「いましめの輪」を頭に食い込ませたまま動くだと?

一体どれ程の苦痛が・・!?」

その姿を見たジュダルは、ある覚悟をする。

ジュダル「白龍!俺は一足先に洛昌に行くぜ。ちょっと準備があるからよ」

半日後、帝都「洛昌」にて。

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

転送魔法にて急に現れたジュダルと白龍たちに、驚く兵士たち。

そこでジュダルが遠隔透視魔法を使い、白龍のルフの記憶を兵士たちに見せる。

白龍「それが煌帝国の真実だ!

この国を貪る逆賊、練玉艶を俺は殺す!邪魔する者も切り捨てる!

出典:マギ25巻

出典:マギ25巻

だが、共に仇を討とうという者がいるならば、剣をとれ!!

俺こそが、煌帝国の正当な王だ!!!」

李青龍・周黒彪「白龍皇子・・!!」

マギ246夜感想

紅炎、ゲスいです!!家族にかけてたとはね、お前のこと信じてないよってことですよね。

まぁ実際に殺そうしているんですけど^^;

フェニックスの能力を掛けていたので、練玉艶を討ったと知って驚いていたんですね。

戒めの輪が発動したままでも動く白龍、この程度で怒りは収まらない!

次回のネタバレ

【マギ】247夜ネタバレ&感想「帝都決戦」
マギ246夜では、白龍に練紅炎のジンフェニックスの能力が発動し、白龍の行動が制限されてしまいました。 そのままの状態で、練玉艶を討ちに...

あなたの感想や考察を教えてください

マギ246夜はいかがでしたか?

あなたの感想や考察をぜひぜひ語っちゃってくださいね!