【マギ】238夜ネタバレ&感想「アラジンの提案」

出典:マギ24巻
出典:マギ24巻

マギ237夜では、ウーゴによって作られた新しい世界の成り立ちと、アラジンの成長が描かれましたね。

今回はやっと現在の話まで戻ります!

では、マギ238夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ238夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】237夜ネタバレ&感想「新しい世界の理(ことわり)」
マギ236夜では、アルマトランの資源が底を尽き、ウーゴが新しい世界への移住計画をすすめたところまででした。 新しい世界の仕組みとは一体...

238夜まとめ

アルマトランの話が終わり、現在に戻る。アリババとモルジアナはアラジンの元に走り、これからも一緒に戦いたいと話す。

アラジンは、このままではアルマトランの二の舞いだ。金属器同士の戦争はやめてほしい。

レーム、煌帝国、七海連合で、停戦協定を結んでもらいたいと叫ぶ。

238夜ネタバレ詳細

アラジン「答えてよ!僕は一体なんなの!?」

聖宮の中で叫ぶアラジンを見るアリババは、今まで一緒に過ごしてきたアラジンのことを何も知らなかった・・・。

そして、アルマトランの多くの人の願いを背負い、今ここに存在していることを知る。

”アラジン、それがおまえだったんだな!二つの世界の運命を託された唯一の存在。

でも俺と同じように、いろんなことに悩むただ一人の人間だ。それがアラジン・・おまえって奴だったんだな!!”

アラジン「・・これで「アルマトラン」の話は終わりだよ」

話が壮大すぎて、皆シーンとなる。

人をかき分けてアラジンへ近寄ろうとするアリババだが、モルジアナの方が早くアラジンの元へ走りつく。

アラジン「モルさん、アリババくん?」

モルジアナ「アラジン・・私は・・」

アリババ「私たちな」

モルジアナ「ハイ。私たちはあなたに助けてもらったのに、あなたのことを何も知らなくて・・。

でも、あなたを知れてとても嬉しい。そして、これからもあなたと一緒に戦いたい。

アラジン・・!」

出典:マギ24巻

出典:マギ24巻

モルジアナと同じことを言おうと考えていたアリババ。

アラジン「うん・・ありがとう!モルさん!アリババくん!」

それぞれが、思い当たることを呟く。

シンドバッド「そうだったんだな、「ソロモン王」よ・・」

出典:マギ24巻

出典:マギ24巻

アラジン「うーん・・おじさんのあんな顔初めて見るなぁ」

アリババは、シンドバッドが自分の国を守るためなら何でもする、と言っていたときを思い出す。

アラジン「この「アルマトラン」の話は、実際に起きた「歴史」だ。

僕たちは僕たちの、現実にこそ向き合い、決断を下さなくてはならないんじゃないかな?」

煌帝国の眷属「決断?それは一体何のことだ?「マギ」よ」

アラジン「今こそ選ぶときだってことさ。王の器とその仲間たちよ・・。

君たちは世界を救うつもりか、それとも滅ぼすつもりか!!

このままいがみあっていては、「アルマトラン」の二の舞んため、それを止めるために、三国に、停戦協定を結んでもらいたいと叫ぶ。

アラジン「金輪際「金属器使い同士で戦争をしない」でおくれよ!このままじゃ「アル・サーメン」の思うつぼだからさ!!」

トト「こんな大事なことなんだし、答えを出すにはもう少し時間をとった方がいいんじゃないか!?」

眷属達(いや・・我らが主の・・肚はすでに決まった!!)

238夜感想

やーーと現在の話に戻ってきました!

アルサーメンという共通した敵がいる以上、三国協力するのが最善だとおもうけど、まぁそううまくはいきませんよね。

ムー、紅炎、シンドバッドはどんな決断をするのでしょうか?

今回アルマトラン編24巻が終了です。次から25巻煌帝国編になります!!

以上、マギ238夜ネタバレ&感想でした。

次回のネタバレ

【マギ】239夜ネタバレ&感想「三国の思惑」
マギ238夜では、アルマトランから今の時代への成り立ちを知ることができました。 そして、アラジンがレーム、煌帝国、七海連合の停戦協定を...

あなたの感想や意見をおしえてください

マギ238夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や意見を、遠慮なく語ってくださいね!