【マギ】232夜ネタバレ&感想「ソロモンとの別れ」

出典:マギ24巻

マギ231夜では、ダビデの力の元をさぐりに大聖堂にきました。そこでダビデの杖が反応しソロモン、シバ、ウーゴ、アルバが異空間へ。

そして、アルバの様子がおかしくなって・・・?

では、マギ231夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ232夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】231夜ネタバレ&感想「アルバの覚醒」
マギ230夜では、ダビデがソロモンを道連れにして自爆し、地上へ落ちたソロモンの手にはなぜかダビデの杖が握られていましたね。 ソロモンは...

232夜まとめ

イルイラーによってソロモン達は知る。

運命は流れが決まっており、自分たちが考え行動しているようでも、決められた出来事をなぞっているに過ぎない。

全ては一つの結末へ向けて流れていく、それを全ての魔道士が知り涙する。

ソロモンは自分達には意思があり未来を選択できるはずだと、イルイラーのルフを解体、黒いルフを白いルフに変える。

ソロモンの体は年老いて、精神はルフとなって全てを見守る。

232夜ネタバレ詳細

アルバ「お会いしとうございました我らが父よ・・!ダビデのせいで何とおいたわしいお姿に・・!」

シバ「!!!?」

ソロモン「そ、そうだ。ダビデが神から力を奪い続けたんだ。不遜な男だよね」

ソロモン「ダビデ・・こんな場所へ連れてきて・・俺に何を見せようというのだ?」

その時、アルバが「神」と呼ぶ白い物体から白い触手が伸びてきて、皆に触れる。

そして、皆は全てを理解し涙した。

神の「計画書」と呼ばれるものの真実を。

すなわち・・・「運命」を。

それは、予知ではなかった。

世界には、ただ純然たる「流れ」が存在し、全ては一つの結末へ向けて流れていくのだ。

出典:マギ24巻

出典:マギ24巻

罪を犯し、おかされ、もがき、苦しみ、それらが全て自分の意思のように見えても・・・すべては神のために決まっていたこと。

私たちは神の奴隷・・・

すべての魔導士が「第三の目」を通じて、真実を共有させられた。

ダビデという男が、ここでこうなるように仕向けたのだ。

イスナーン「どんな苦しみも・・神が神殿を築くための些細な踏み台として、決められていたことだというのか。

そして俺たちはどんな風に生きようとも、絶対に逃れられない。

「運命」に定められた無数の悲しみ、苦しみの連鎖から・・」

ウーゴ「ダビデは・・一体どういうつもりだ・・!?俺たちが無力な存在だと見せつけたかったのか・・!?」

ソロモン「いや・・・ここには莫大な力が存在している。この世界の「運命」そのものを変革してしまえるほどのな。

俺たちには神との別の意思がある。神が作ったルートから、外れる時が来たのではないか・・?」

ウーゴ「まさか、ソロモン!」

ソロモン「そうだ・・ルフの力を神から奪い、次元を一つに重ね合わせる魔法・・それを使う時が今だ」

ウーゴ「!!!神を殺し、世界を作り変えようというのか!」

アルバ「ソロモン王・・あなたは間違っている!それではあのダビデと同じよ!神になり変わろうとしたあの男と!!」

ソロモン「そうじゃない、アルバ。俺が神になるのではない。

全ての知的生命体で神を共有するんだ。そして、一人一人が世界の主にならなくては・・

みんながそれぞれの生き方で、未来を変えられる可能性がある世界にしなくては」

アルバ「・・・ダメよ・・ダメダメ・・それだけはダメ・・ソロモン!!」

出典:マギ24巻

出典:マギ24巻

アルバはソロモンに攻撃を加えようとするが、ダビデの杖で阻まれる。

ソロモン「みんな、今日まで俺についてきてくれた・・

シバ、お前はいつも俺を一番理解してくれた。

ウーゴ、お前がいれば、どんな破壊の時代にも創造をもたらすだろう。

アルバ、お前のことは一番信頼していた。これからも俺をいさめ、力を尽くせ」

シバ「!?!?待ってソロモ・・」

その時、「神」を構成していたルフを引き離し、本体は異空間に封印された。

全てのルフは、地上の全ての種族に均等に分け与えられた。

その分け与えられたルフにも、みんなの中に元からあったルフにも、黒いイル・イラーの意思のかわりに、ソロモンの意思が宿り、ルフは白く輝き始めたのだった。

白いルフの姿で光っているソロモンが、シバを見つめる。

シバ「なに?ソロモン・・

ダメ・・そっちに行かないで・・神様になんてならなくていいよ・・ずっとそばにいてよ・・」

出典:マギ24巻

出典:マギ24巻

そしてソロモンの肉体は、年老いてまるでダビデのようだった。

出典:マギ24巻

出典:マギ24巻

ソロモンのルフはすべてを見守る存在になった。

マギ232夜感想

読み返して、改めて思うけどなんでソロモンが年老いたのかわからない^^;

ルフは半分肉体に、半分はルフの大いなる流れにいるんだろうけど。

シバの「神様になんてならなくていい、ずっとそばにいてよ」ってセリフが泣ける・・・・。

アルバがますます今のアルバらしくなってきましたw

次回のネタバレ

【マギ】233夜ネタバレ&感想「レジスタンスの不協和音」
マギ232夜では、ソロモンがイルイラーの黒いルフをバラバラにして白く輝かせ、ソロモンは大いなる流れのひとつになったところでした。 残さ...

あなたの感想考察をおしえてください

マギ232夜はいかがでしたか?

ぜひぜひあなたの感想や考察を語ってくださいね!

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。