【マギ】217夜ネタバレ&感想「異種族とシバ」

出典:マギ22巻

マギ216夜では、レジスタンスに引き取られたシバと、ソロモンの関係が描かれていましたね。

面と向かってあんなこと言われたら、まぁ機嫌悪くなるのは仕方ないかとw

では、マギ217夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ217夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】216夜ネタバレ&感想「その名はソロモン」
215夜では、神がアルマトランで最弱の生き物人間に魔法を与え、ソロモンが異種族をまとめて世界を平和に導きました。 しかし、アルマトランは滅...

217夜まとめ

・ソロモン達はウーゴの作った魔法道具で移動をしていた。杖とグヌードの説明を受ける。

・移動中大陸の裂け目に当たり、鱗狼の里に立ち寄ることになった。

・ソロモン達は異種族の里に興奮する。シバは異種族が自分たちと変わらない生活をしていること、それを狂わしいたのが自分だとショックを受ける。

・前にシバを襲った鱗狼の子供がシバに髪飾りをプレゼントする。それがきっかけで2人は仲良くなる。

マギ217夜ネタバレ詳細

皆が楽しく食堂で食事をしている中で一人、ぶすっとしているシバ。

ウーゴがシバをなだめようとしているが、シバにそっぽを向かれる。

ソロモン「次の”神杖”を奪いに行くぞ!」

ソロモンが声をかけると、下から現れた大きな移動用魔法道具が現れた。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

ウーゴ「すごいだろ!俺が設計した魔法道具なんだ。イスナーンたちの雷魔法で動力を高めないと動かないんだけどね」

イスナーン「まったく、世話がやけるぜ」

移動中、レジスタンスの魔導士たちは「神杖」やシバがいた塔について教わる。

杖は72本ありイルイラーから魔力を大量に受け取れる、主に愚々塔の動力となっている。

魔道士聖教連の長老会が独占しており、これの奪取するんがレジスタンスの目的。

塔の話が出た時にソロモンの様子がおかしいことにシバは気付いたが、シバは無言で話の続きを聞く。

と突然、魔法道具が止まる。

皆様子を見に外に出る。

アルバ「「大陸の裂け目」ですね、坊ちゃん」

ソロモン「あぁ・・・だが妙だな。以前はまだしばらくは陸つづきだったはずだが・・・」

次の大陸まで飛ぼうとすると20日以上かかるというので、ソロモンは今日はここで休もうと言う。

ソロモン「イスナーン、いつも一団の魔法でのサポートを・・・お前にばっかり任せてすまねー。だが・・・お前のこと、頼りにしてるぜ!」

イスナーン「ああ、任せとけ」

ソロモン「それじゃお前ら、先住の民にしっかり挨拶してから休めよ」

すると皆の前に大量の「鱗狼」が現れ、ここが鱗狼の村の上だったと知る。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

ソロモン「よぉ、また会ったな。一晩だけ厄介になるぜ」

ウーゴ「え、知り合い?」

シバは、ソロモンが声をかけたのが昨日会った親子の二匹だと気づく。

レジスタンスの皆は鱗狼の里の中に歓迎された。

ウーゴ「わ〜!」

イスナーン「”鱗狼”の地中里なんて初めて見たぜ!」

異種族に興味があるソロモンは、興奮して子供のようにはしゃぐ。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

シバ「そ、そいつらの言葉、あなたわかるの!?」

ソロモン「言葉なんてわかんねーよ!カンだカン!」

本当に身振り手振りだけで鱗狼たちと話すソロモンを見て、シバは変な人だと感じる。

街をよく見たシバ。

シバ「・・・変だよ・・・だってここきちんとしてるし・・・まるで人間の街みたい。やっぱり変だよ!

だって・・・あいつらは”異種族”なんだよ!?

昔は人間を食べてたような、憎たらしくて野蛮な・・・ついこの間まで頭がバカで白目をむいてヨダレを垂らしてたのに!!」

ウーゴ「それは君の魔法のせいだろ?」

ショックを受けるシバ。

ウーゴ「あ、ごめん・・・でも今はこうして対等に意思疎通をはかろうとしている俺たち相手に、食いかかってきたりしないじゃないか」

シバ(対等ですって!?絶対違う!!違うもん・・・!!)

急に肩を叩かれる。振り向くと一匹の鱗狼がいた。

シバ「く、来るな!!化け物っ!!」

その鱗狼は、大きな花をシバに差し出す。

ソロモン「昨日はごめんなさいだって。大丈夫、もう正気に戻ってる」

シバは、それが昨日出会った鱗狼の子供だと気づく。

その鱗狼は何か言うがシバが理解できなかったので、本を出し一人の魔導士の絵を差す。

シバ「ずいぶんへたくそな絵の本ね。これが魔導士というものでしょう」

シバはお手本を地面に書いてあげる。

ソロモン「おぉ!うまいもんだな嬢ちゃん!」

その鱗狼は花の絵を、シバが書いた魔導士の頭に描き足した。

それを理解したシバは、鱗狼がくれた花を頭に乗せてみたが、あまりにも大きく重かったので後ろに倒れてしまった。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

それをきっかけにしてその後、二人は絵を描いたりして、日が暮れるまで一緒に遊んだ。

マギ217夜感想

マンティコアの子供とシバの交流、心がほんわかするわぁ。

異種族を先入観だけで見ていたことに、シバは気づいたんでしょうね。

生まれた時からグヌードで教育されていたわけだから、仕方ない部分も・・・。

マンティコアの子供はシバが大人になった後も出てきて、ちょっとぐっときます(><)

次回のネタバレ

【マギ】218夜ネタバレ&感想「大罪人」
マギ217夜では、大陸の裂け目により先に進めなくなったソロモン達が、鱗狼の里におじゃまし、シバとモモが心を通わせましたね。 今回はシバ...

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。