【マギ】216夜ネタバレ&感想「その名はソロモン」

出典:マギ22巻

215夜では、神がアルマトランで最弱の生き物人間に魔法を与え、ソロモンが異種族をまとめて世界を平和に導きました。

しかし、アルマトランは滅びることになり、アラジンは同じこと繰り返さないでほしい、と王の器達に語りかけました。

215夜では主人公が変わりアルマトラン編が描かれていきます。

では、マギ215夜ネタバレ&感想です。

スポンサーリンク

マギ216夜ネタバレ

前回のネタバレ

【マギ】215夜ネタバレ&感想「ジン達の昔の姿」
マギ214夜では、アルマトランには多種族が居て幸せに暮らしていたが、やがて争いが起こり、その世界で人間は最弱の生き物であると知りましたね。 ...

216夜まとめ

・イルイラーが人間たちに魔法を与え800年。魔道士たちは目的を忘れ、異種族を支配するために魔法を使っていた。

それに抵抗する一部の人間達レジスタンスが生まれた。

・レジスタンスに助けられた、塔の中に居た少女シバ。レジスタンスを異教徒だと罵り、その場から逃げ出す。

・太陽が照りつける大地を歩くシバ。そこへ魔法で知能を奪われた異種族・鱗狼(マンティコア)の子供がシバを襲う。

・ソロモンがシバを助け、マンンティコアの子供を母親の元へ返す。

シバは異種族はやっぱり気持ち悪いと罵ると、ソロモンはシバを嫌な女だなぁと本人に直接話す。

マギ216夜ネタバレ詳細

アルマトランでの情景が変わる。

塔の中にいる一人の少女が外での騒ぎを聞き、呟く。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

少女「誰・・・?外で・・・声がする・・・私を・・・迎えに来てくれたのかな?」

外では魔道士同士が争っていた。

戦いの中にいたイスナーン、ウーゴともう一人が「神杖」を奪いに塔の中に入る。

塔の動力室にいた者は全て死んでいたが、一人だけ少女の魔導士を見つけることができた。

魔力をイル・イラーから受け取るために「神杖」を使うフラフラな少女。

1人がその子の周りに張られている結界に手を当て、破ろうとすると同時に、中にいる少女に声をかける。

「生きるために俺と来い!」

少女「あなた・・・誰?・・・」

「ソロモン」

名乗ると同時に結界は破れ、ソロモンは少女の手を取り助け出す。

イル・イラーが全ての人間に「魔法」を与えて800余年。

魔導士たちは理想の国を作るという目的をすっかり忘れ、愚々塔(グヌード)を異種族の領地に作り、そこから魔法で異種族の知能を奪っていた。

そんな魔導士正教連に嫌気がさし、大聖堂府を飛び出して結成されたソロモンたち「抵抗軍(レジスタンス)」が生まれた。

少女を助け出したレジスタンス一行は食堂へ行き食事をする。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

少女はそれを見ていたが、突然名前を聞かれたのでこう返す。

シバ「私はシバ。あなた誰?」

アルバ「私はアルバ、ソロモン坊ちゃんの召使いさ!この方はソロモン。みんなのリーダーなんだよ」

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

シバ「私、塔に帰る。神から授かった神聖な務めを果たさないといけないから」

アルバ「でもシバ、あの塔でむりやり魔法を使い続けさせられていたら、君は死んでしまうところだったんだよ?」

シバ「むりやりなどではないわ、バカめ。私は命を賭して不浄を統制いたのだ!

異種族どもは恐れおおくも我らが父、イル・イラーさまの使者たる神聖な我々魔導士を・・・かつては虐げ、頭からボリボリむさぼり喰っていたと「聖典」第2章4節から8節にしっかりと記されているではないか!」

ファーラン「ハハッ、イっちゃってるアルよ」

ワヒード「残念じゃのう、わしらの目的は、その異種族たちを魔導士の支配から全員解放することじゃ」

シバは、「不浄だ!不浄だ!神罰がくだれ!」

そう言い放ち、シバはその場を飛び出す。

強い日差しが照りつける砂漠のような場所にシバは出てしまい、途方に暮れていると、一匹の正気を失っている異種族に襲われかける。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

突如現れたソロモンがシバを守る。

シバ「早く!殺してよ!」

それをソロモンは無視し、その異種族と力比べを始める。

ソロモン「おまえ、力も強いしいい爪してんな。大丈夫。きっと将来勇敢な戦士になれるぜ。だからもう今日は母親のところへ帰んな!」

その異種族の子供は、後ろにいた母親と地中に帰っていく。

シバは腰を抜かしながら言う。

シバ「実際に見るとあいつらってやっぱり・・・すっごく気持ち悪いのね!

・・・悔しい、杖さえあれば、またあいつらの頭をバカにしてやれたのに・・・!!」

そんなシバの手を取り持ち上げ、

ソロモン「お前はほんとにイヤな女だなぁ。

出典:マギ22巻

出典:マギ22巻

俺の目には、お前の方が歪んだ汚ねぇ化け物に見えるんだけど・・・自分ではどう思う?」

シバ(なんなの?この人・・・助けてくれたと思ったけど、ぜんぜんまともじゃないじゃない!)

マギ216夜感想

アラジン達に変わり、ソロモンと仲間のレジスタンス達が活躍していきます!

すでに知っている名前もチラホラ・・・。

ファーラン →シンドバッドの冒険ブァレフォールの迷宮でシンドバッドの邪魔をしてきた魔道士。

イスナーン →マギ本編でカシムやドゥニヤに闇の金属器を渡した人物。

なぜアルマトランの魔道士達がこの世界にいるのか、そしてソロモンの仲間である彼らがなぜ、この世界で悪さをしているか。

これからどんどん明らかになっていきますよ!

次回のネタバレ

【マギ】217夜ネタバレ&感想「異種族とシバ」
マギ216夜では、レジスタンスに引き取られたシバと、ソロモンの関係が描かれていましたね。 面と向かってあんなこと言われたら、まぁ機嫌悪...

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。