【マギ】208夜ネタバレ&感想「練紅明の策略」

出典:マギ21巻

マギ207夜では、バルバットの現状をハッサンから知り、役人からバルバットの奴隷制を知りりました。

バルバットに対して出来ることが無いどころか、問題が山積みでしたね。

今回はついに練紅炎との対面です。

では、マギ208夜ネタバレ&感想です!

スポンサーリンク

マギ208夜ネタバレ

前回までのネタバレ

【マギ】207夜ネタバレ&感想「カシムの墓」
マギ206夜では、元霧の団のハッサンからバルバットの現状が語られました。 町並みも思想もすべて煌帝国にそっくりなバルバット。 今...

208夜まとめ

・煌帝国の役人に挑発されるアリババ。機転でその場乗り越えると、紅炎が笑い出し役人たちを追い払う。

・紅炎に今のバルバットの現状を責め立てるが、紅明と話せと紅炎は席を外す。

・バルバットの現状を作ったのは自分だと話す紅炎。

世界をひとつにするには、煌帝国優位でバルバットを管理し、サルージャ王家は居なかったとに教育しおす必要がある話だす。

208夜ネタバレ詳細

「煌帝国征西軍バルバッド総督府大総督、練紅炎閣下であらせられる!!」

上座に練紅炎、その手前両側に煌帝国の役人が立ち、その手前に多くのバルバッドの元国民が並び、頭をさげている。

その中に、アリババはかつての家臣、バルカークたちを見つけた。

ただ立っているだけのアリババたちを見て役人の一人が語る。

アリババが王族だったのは昔のこと、練紅炎を前にし、昔の家臣がしているように頭を下げろと叫ぶ。そこへ、別の役人がさらに口を挟んだ。

役人「サルージャ王家はもはやこの世に存在せぬのですぞ!アリババ殿はもはや、シンドリアの一大使に過ぎませぬ。

バルバッドとは無関係、ゆえに額ずく必要はございませぬ」

挑発され、心配するモルジアナとオルバ。バルカークも頭をさげながら、アリババを心配する。

アリババはひざまづき頭をさげた。

アリババ「閣下、私が閣下に額づこうと一向に構わないのですが・・・。

地に額をつけるという行為は、古くからバルバッドでは、妊婦への安産祈願を意味する習慣なのですが・・・それでもいいんでしょうか?」

出典:マギ21巻

出典:マギ21巻

煌帝国の役人「!!?!?妊婦への安産祈願だと・・・!?

なんたる侮辱行為・・・立て!貴様らも全員だ!!」とバルバッド元国民の頭も上げさせる。

元国民は、そんな風習があったか?と考えたが、バルカークはアリババの策を理解し、心の中で感謝する。

しれっとした顔のまま立ち上がったアリババを見て、笑い出す練紅炎。

他の者に下がるように伝え、練紅炎はアリババに言う。

紅炎「ここは居心地は良くないだろうが、お前の望む答えを聞かせてやるぞ」

場所を変え練紅炎とアリババは、部屋の中で二人きりになる。アリババは身分の違う自分と話していいのかと聞く。

練紅炎は昔は太子と程多い身分であり、後継者が2人死んだことにより、たまたまこの身分が回ってきたとアリババに言う。

紅炎「そもそも血筋に尊卑の差など、ない」

出典:マギ21巻

出典:マギ21巻

アリババは、バルバッドの人たちは煌帝国に意味不明な常識を押し付けられ、変わってしまった。自治国家として、バルバッドを認めてくれたはずではないのかと責めた。

練紅炎は、アリババにまず、自分の弟、練紅明と話せと彼を部屋に呼ぶ。

入ってきた途端に、立ったままぐぅと寝てしまう練紅明。練紅炎に叩き起こされ、アリババと話せと命令される。

アリババは練紅明を観察する。

第二王子の割に気取ったところがなくて、全然偉そうに見えない。あくびをしているこの人と話して意味はあるのかと疑問に思う。

紅明「ところでアリババ殿。バルバッドから自治権を奪い取ったのはですね・・・この私ですよ。」

出典:マギ21巻

出典:マギ21巻

アリババ「・・・?一体どういうことだ・・・!?」

バルバッドは共和国だが、煌の「総督府」が国のあり方、人・物・金のすべてを煌帝国の意の元に管理すること。

また、今のバルバッドの子供達に、サルージャ王家などはこの世に存在しなかったと教育していると聞く。

アリババ「そんな大嘘信じる奴なんかいない!」

紅明「煌帝国の皇族こそが唯一最も尊く、その他の人民は従うべしと強いる必要があるのです」

アリババ「何のために?」

紅明「世界を一つにするために。あなたは私たちと同じ道を歩んでいける人です。

そう信じて私たちはあなたを招いたのですよ、アリババ・サルージャ殿」

マギ 208夜感想

で、でた~~~!

誰かを守るときに面の皮が厚くなる、アリババのしれっと顔~~~~!!!w

紅炎には嘘がバレバレですけど、そこを責めないで笑い飛ばす紅炎を乗りの良さ(違)

紅炎に代わってが出てきた紅炎が、今のバルバット作った黒幕。

国を変えるどころか、歴史も思想も全部変えてしまう・・なーんて何百年かかるんだか・・・。

もう少し練家の2人が成そうとしていう事を、聞いてみましょうかね。

次回のネタバレ

【マギ】209夜ネタバレ&感想「横暴な紅炎おじさん」
マギ208夜では、練紅明より世界をひとつにするために、サルージャ王家そのものが、元々なかった教育していると告げられました。 209夜で...

スポンサーリンク

二次元のAIイケメンとLINEしよう!

おすすめ乙女ゲーム!

マギ考察&ネタバレ一覧

matomebana-2

マギ感想&ネタバレ一覧

matomebana-1

マギ アニメの続き

matomebana-1

シンドバッドの冒険 アニメの続き

■ブログの更新情報を受け取れます。